滋賀彦根新聞

彦根市と犬上郡の話題を中心に、関連する国政や滋賀県政のニュースもお送りします。取材依頼や身近な話題の提供などもお待ちしています。 電話0749-65-0608 FAX0749-62-4483 メール(hikone@shigayukan.com)

2020年2月10日月曜日

宗安寺で巨大おみくじ使った彦根摩訶不思議御籤の授与開始、妖怪や怪談話の説明も

 彦根市本町の宗安寺は4日から、保管してきた巨大おみくじを使った「彦根摩訶不思議御籤(まかふしぎみくじ)」の授与を開始。「凶」が出た時には、同寺の秘仏・庚申(こうしん)尊にちなんだ厄除け猿(通称・くくり猿)を進呈する。
 巨大おみくじは、彦根夢京橋商店街振興組合が開催していた「いい福招福まつり」の「いいふく」にちなんだ高さ1129mm×幅約40㌢の六角柱形で、2006年1月に彦根仏壇の漆塗や金箔押しなどの技を使って作られた。5年ほど使用された後は宗安寺が本堂隅で保管してきた。

凶が出たら…厄除け猿進呈
ショウケラなど45種類用意
 宗安寺は巨大おみくじの再活用と、彦根に残る妖怪伝説や怪談話などを広めようと「摩訶不思議御籤」と銘打ち、授与を始めた。巨大おみくじの中には忌み数の「四」と「九」を除いた五十番までの45本のみくじ棒が入っており、引いた参拝者は大吉、中吉、吉、半吉、小吉、末吉、末小吉、凶の8種いずれかの運勢、助言、45種類の妖怪などの紹介文とイラストが記載された御籤と交換する。7種類の凶が出た場合は金色、朱色、紫色のいずれかの厄除け猿が進呈される。
 登場する主な妖怪などは、宗安寺に庚申の日に現れるという鬼のショウケラ、春先の西風の強い日に白い毛玉が飛んでくる高宮のおたまさん、長久寺のお菊の皿、彦根城地蔵堂の重軽石。イラストは「彦根妖怪図鑑」の絵を担当したイラストレーターの連藤久美子さんが手がけた。
 巨大おみくじだけで12㌔、みくじ棒を入れると約20㌔になるため、宗安寺は寺務所前にロープでつるして設置する。竹内真道住職(66)は「おみくじをしていただき、市内各所のお寺や名所参りをしてほしい。市民の皆さんにも楽しんで頂けるのでは」と話している。1回100円。問い合わせは宗安寺☎(22)0801。

2020年2月8日土曜日

中藪町に国際交流シェアハウスHIKOHOUSEオープン

 彦根市中藪町に国際交流のためのシェアハウス「HIKOHOUSE」がこのほどオープンした。オーナーで滋賀大学教育学部3年の沖本怜(れん)さん(22)=西今町=は「彦根を国際交流のまちにしたい」と意気込みを語っている。
 シェアハウスは1軒の住宅などを複数人が共有する居住スペースで、賃貸料や光熱費が安価になるなどの利点がある。彦根市内などでも古民家を活用し学生たちが一緒に暮らすシェアハウスがあるが、沖本さんによると、外国人と日本人の国際交流を目的にしたシェアハウスは県内で初めてだという。
 沖本さんは2017年2月に1カ月間、オーストラリアで語学留学をした際、さまざまな人種が当たり前のように生活している姿を知った。昨年4月からは休学し、東京都内の各所のシェアハウスで暮らしながらベンチャー企業で起業の仕組みを学ぶうちに、「オーストラリアのような国際交流ができる環境を彦根にも作ろう」と決意。

中藪町の民家活用
6人用の4部屋
 旧友が住んでいて空き家になっていた中薮町の築27年の民家を借り、昨年11月から約1カ月間、クラウドファンディングをして約61万円の支援を受けた。シェアハウスの対象者は国際交流をしたい30歳までの男女。男女ごとの2人部屋2室と1人部屋2室の計6人が一緒に暮らす。トイレや風呂、台所、座敷もある。
 沖本さんは「滋賀大や県立大の学生、留学生をはじめ、若者たちが彦根に愛着をもってもらえるための一拠点にしたい」と説明。今後は起業を目指す若者たち向け新たなシェアハウスのオープンも計画している。見学随時。問い合わせは沖本さん☎080(8307)3172。

2020年2月6日木曜日

滋賀大学の筒井正夫教授の退官記念講義 麗澤大学客員教授の西岡力氏もゲスト講演

 滋賀大学の筒井正夫教授(64)の退官記念講義が1月25日、彦根キャンパスで開かれ、学生や市民ら200人以上が受講。麗澤大学客員教授の西岡力氏もゲストとして招かれ、講演した。
 筒井教授は昭和61年(1986年)4月から34年間、滋賀大で教べんをとっており、今年3月末で定年退職する。近代日本社会経済史、思想史、都市計画などが専門。退官記念講義では「後世に伝えたい3つのこと」をテーマに、これまで研究してきた内容を中心に取り上げた。
 筒井教授は研究してきた富士紡績(現・富士紡ホールディングス)の事例について、「田舎から子女を預かった工場主が礼儀作法や自立心、さまざまな教養、働くことの意義などを教えた」と説明。一方で、工女を奴隷のように扱っていたとする一部の指摘に対しては「共産主義者によって描かれた戦前の紡績業の姿だ」と非難した。
 能登川の近江商人・阿部家については二代・市太郎の遺訓のうち「事を成さんには(中略)勇気を要す(中略)冨を善用せよ」をあげ「『三方よし』だけでは弱肉強食の国際的な競争を勝ち抜けない。勇気を出して開発し、何かを成し遂げる人になってほしい。国家のため、国益を考えることを重要」と熱く語った。

文化伝統、天皇制も熱弁
「日本人の誇りを取り戻せ」
 日本文化については、1970年代の米国の食習慣と病気の関連性をまとめた「マクガバン報告」を取り上げながら「雑穀や玄米、みそ汁、漬物、日本酒、茶など江戸時代中期までの日本の伝統食が世界で最も健康的とされる」と解説。和歌や俳句、茶道の文化のすばらしさも称賛した。
 天皇制については、「天皇は日本文化を守る中で象徴的な存在、聖なる存在だ」と述べる一方で「天皇を否定するのが共産主義者だ」と指摘。「戦後に共産主義者や戦勝国が植え付けた自虐史観ではなく、日本人が日本人としての誇りを取り戻すことを世界は求めている」とアドバイスした。

「東アジアは冷戦状態続く」
西岡氏が講演「韓国滅ぶ危機も」
 西岡氏は「激動の東アジア情勢と日本」をテーマに講演。1989年から91年にかけての東西冷戦の終結とソ連崩壊をあげながら「ソ連の崩壊で共産主義が負け、自由主義が勝ったが、中国は共産党の一党独裁政権であり、東アジアの冷戦は終わっていない」と解説。香港や台湾での民主化運動、中国国内のウイグルやチベットなどでの迫害を取り上げ「自由を求める戦いが繰り広げられている」と述べた。
 韓国については、「ムン・ジェイン政権は日米韓の同盟から抜け出そうとしている」と説明したうえで「韓国の行く末が変わってきており、激しい内部分裂が起こりうる状態」と分析。「北朝鮮と一緒になろうとする左派が支配する政権では韓国が滅んでしまう」との持論を展開した。

2020年2月3日月曜日

高宮町に黒いサンドイッチ販売店・戦国サンドがオープン

 彦根市高宮町に1月25日、黒いサンドイッチの販売店「戦国サンド」がオープンした。
 オーナーは福川晴貴さん(42)=甲賀市。竹炭の粉末を混ぜて作った黒いトーストを使用したサンドイッチが特徴。「戦国時代の歴史が好き」なことから、昨年11月に湖南市に1店舗目の「戦国サンド」をオープン。好評だったため、「歴史ある」彦根にも2店舗目を開店した。
 メニューはローストビーフ入りの「大名」、ロースかつの「武士」、ささみチーズフライの「関ケ原」など、戦国にちなんだ商品名をつけた30種。価格は430円~680円。4個ずつ用意している。
 福川さんは「彦根の皆さんに愛される店にしたい。彦根特有のメニューも今後、考えていきたい」と話している。木曜定休。午前10時~午後4時。問い合わせは同店☎090(6352)7283。

高橋良さん「麒麟」描く

 高橋美術(彦根市平田町)代表の高橋良さん(40)が、1月19日に多賀町中央公民館で開かれたNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の放送開始の記念イベントで、ライブペインティングを実施した。
 当日は明智光秀が本能寺の変後に多賀大社に発令した文書「禁制」の公開のほか、記念講演会や初回放送のパブリックビューイングなどが行われた。
 講演会などの前にはライブペインティングがあり、高橋さんが180㌢四方の和紙に墨で「麒麟」を約40分かけて描いた。高橋さんは「躍動している麒麟を描きました。大河ドラマで多賀をはじめ滋賀が盛り上がるといいですね」と話していた。作品は町内の業者で保管されているが、一般公開も検討されている。

2020年2月1日土曜日

事故で店舗大破の理容店ヘアーサロン シロー26日に再オープン

 昨年6月の乗用車の衝突事故で店舗が大破した彦根市小泉町の理容店「ヘアーサロン シロー」が改築されて、1月26日に再オープンした。店主の北川清朗(しろう)さん(69)は「なんとか再開できそうで良かった」と安どの表情を見せている。
 北川さんによると、昨年6月29日午前1時20分ごろ、十代の男性が運転する乗用車が約30平方㍍の店舗敷地の半分ほどまで横向きで突っ込む事故が発生。入り口が破壊され、店内の理容用品が破損したほか、ガラス破片が裏手の母屋や車庫まで飛ぶなどの被害が出た。
一時は「廃業」も
店内リニューアル
 事故発生時、北川さんは店内のトイレを利用していたといい「衝突音にびっくりしたが、扉が閉まっていたのでけががなかったので良かった」と当時を振り返った。事故後、一時は廃業もよぎったが、「昭和52年から営業してきて、最低でも75歳まではやろうと思っていた。時間の経過に伴ってもう一度、店をやりたいという思いが強くなっていった」と語り、奥さんの一美さん(67)も「最後は夫の決断に任せた」と説明。以降は保険会社などとの協議を重ね、昨年1127日から改装工事に入った。
 新しい店では入り口や内装のほか、理容いすやシャンプー台などをリニューアル。北川さんは「約7カ月の休店でお客さんが離れたかもしれませんが、戻ってきてもらえると期待して、休店前通りのサービスを提供したい」と笑顔を見せていた。
 営業時間は午前9時から午後6時半まで。休店は月曜、第1・第3火曜。3台分の駐車場あり。問い合わせは同店☎(24)2101。

上岡部町の古民家で県立大生と親子連れ交流、かみおかべ古民家活用計画 SLEEPING BEAUTY

 彦根市上岡部町の古民家で26日、県立大学生と地域の親子連れが交流する「古民家節分パーティー」が行われた。
 県立大学は上岡部の築約140年の空き家を活用して地域交流をしようと、2011年に「かみおかべ古民家活用計画 SLEEPING BEAUTY」を立ち上げ、以降、地域住民と交流イベントを開いている。
 今年の節分パーティーには県大生5人、留学生3人、子ども9人、母親5人が参加。恵方巻を一緒に作った後、子どもたちがはしで豆をつかんで移すゲームやビンゴゲームを学生たちとして遊んだ。
 同グループ代表で県立大環境科学部2年の藤原未羽さん(20)は「春からこの古民家で住むので、シェアハウスも検討したい。これからも地域の皆さんと色んなイベントを企画したい」と意気込みを語っていた。