2017年1月17日火曜日

切通口から櫓門が建っていたことがわかる石垣や礎石を発見、地震で修理した跡も

 彦根市教委文化財課は、佐和町で発掘調査をしている切通(きりとおし)口から、櫓門が建っていたことがわかる石垣や礎石を発見したと発表。彦根城の外堀の7つの城門では初めての具体的な遺構の確認となる。22日午後1時半~現地説明会を行う。
 文化財課は昭和54年度から旧外堀に関する発掘調査を実施しており、市道の拡幅工事に伴って切通口を調査。本発掘となる第6次調査を昨年10月26日から今年3月下旬まで、松吉前の第1調査区60平方㍍と純正寺前の第2調査区約31平方㍍で行っており、そのうち第1調査区の36平方㍍の調査を終えた。
 試掘の第5次では切通口の石垣や雁木(石階段)、土塁の基底部などが見つかったが、より深く発掘した第6次では門の柱を支えていた礎石や、長さ約9㍍のL字型の石垣、栗石などが確認。これらの遺構や天保7年(1836)の御城下惣絵図から、櫓門形式だったことがわかった。櫓門の形状は重要文化財の太鼓門櫓に近いという。
 石垣は外堀が築かれた元和年間(1615~24)と、後の時代に築かれた加工した形跡がある石の2種類あり、後の時代の石垣は享和2年(1802)12月22日の彦根大地震で切通口の一部が壊れ、修理されたとみられる。最も大きい石は元和年間時代の1㍍×90㌢×高さ60㌢。
 切通口は藩主らが彦根と江戸を行き来する際に必ず通過する城門の1つで、格式高く見せるために櫓門にしたと考えられる。御城下惣絵図によると、外堀の7つの城門で櫓門は高宮口や池州口でもその可能性があるが、確定したのは切通口が初めて。
 文化財課では「近世城郭の外堀の城門跡が検出されるのは全国的に見ても希少なため、極めて貴重な遺構。江戸時代の彦根城の石垣修理の内容も確認でき、重要な発見だ」としている。
 今後発掘を行う第1調査区の残りや第2調査区では土橋や外堀、暗きょ、江戸期の上水道管の跡が検出される可能性がある。22日の現地説明会の集合場所は護国神社前の市道予定地。午後3時まで順次、全体説明を実施する予定。参加無料。雨天決行。問い合わせは文化財課☎(26)5833。

滋賀県護国神社で画家の大串亮平さん作品展、ギャルリーオー企画

 彦根市尾末町の滋賀県護国神社の斎館で6日から、画家の大串亮平さん(40)の作品展が始まった。ギャラリーを運営している「ギャルリーオー」(大津市)が企画した出張ギャラリーの第1弾として開催。
 大串さんは京都出身で、佐賀県立佐賀北高校、京都精華大学日本画専攻を卒業後、全国各地のギャラリーなどで個展やグループ展を開催。護国神社での作品展ではシャクナゲ、桜、カキツバタなど花のほか、タカと松、モズとボタン、ホオアカとザクロ、カワセミとハスなど、鳥と花を組み合わせた作品を含め計19点を展示。いずれも絹本に描かれており、掛け軸にして販売もしている。
 ギャルリーオーでは県内にギャラリーが少ないことから、休館期間を活用して今年から出張ギャラリーを企画。芸術作品の展示場として開放したい護国神社側との思いとも一致し、1月に大串さんの日本画、2月7日から堀乃布子さんのイラストを展示することにした。
 ギャルリーオーの代表・加藤晶子さん(38)は「色んなジャンルの作家さんがいることを知ってもらうきっかけになればと思い、出張ギャラリーを企画しました。多くの方に作品を見てほしい」と話している。大串さんの日本画展の開館時間は午前10時~午後5時(最終26日のみ午後4時まで)。月曜のみ休館。

2017年1月7日土曜日

井伊直虎と直政の幼少期のすべて

 彦根藩の初代藩主・井伊直政の養母として知られる次郎坊師は井伊直虎と名乗り、井伊家存続の危機にあった時期に「女城主」として活躍した。NHK大河ドラマの主人公・直虎が過ごした井伊家発祥の地、静岡県浜松市引佐町井伊谷を本紙記者が訪れた(直虎と虎松(後の直政)の絵は光山坊提供)=文と写真・山田貴之
 直虎は井伊家二二代当主・直盛の一人娘として生まれた。直盛には男の子が生まれなかったため、直虎の許嫁(いいなずけ)だったいとこの直親に家督を継がせる予定をしていた。直虎が誕生した年は明らかになっていないが、直親と同世代だったことから、天文4年(1535)か同5年だと考えられる。
 直親の父・直満が今川家に殺され、9歳だった直親の命も狙われたため、その身は秘密裏に信州に隠された。直虎は直親が亡くなったと思い、井伊谷にある井伊家の菩提寺・龍潭寺で出家し次郎法師と名乗った。
 11年後に井伊谷に戻った直親は直盛の養子となり、奥山家の娘と結婚し、永禄4年(1561)に男の子が誕生。虎のように強く、常磐の松のように末永く栄えることを願って虎松と名付けられたとされる。この虎松が後に井伊家二四代当主・彦根藩初代藩主になる直政だ。
 虎松が生まれた年は武田信玄と上杉謙信による川中島の合戦と同年。その前年の桶狭間の戦いでは直盛が戦死するなど、戦乱まっただ中での誕生だった。また、虎松誕生の1年後には直親が謀殺され、その翌年には再び当主を継いでいた曾祖父の直平も毒殺された。
 わずか3年間で当主を次々と亡くした井伊家の家督を継ぐ者は、幼い虎松しかいなかった。井伊家では虎松の母が直親の死後、再婚したため、虎松を養育できる者を模索。その時に登場してきたのが女性ながら井伊家を支えていた直虎だった。
 この期間の逸話として、昭和46年刊行の改訂「近江国坂田郡志」の第6巻には、「永禄7年4月から2カ月間、今川氏真の詮議を避けて、井伊万千代(虎松)が眞廣寺(米原市)に滞在した」と記されており、これが事実ならば、直政が幼少期にすでに近江入りしていたことになる。
 永禄11年(1568)に徳川家康が三河から遠州(遠江)に進出すると、井伊家が治めていた遠江は徳川家の支配下になった。虎松の命に危険を感じた龍潭寺の住職・南渓(なんけい)和尚は、虎松を奥三河の鳳来寺に逃がし、虎松は同寺で8歳から14歳ころまで、かくまわれたとされる。
 南渓和尚について、龍潭寺の前住職・武藤全裕さん(82)は「軍師のような役割を果たしていた」と解説。虎松が15歳になった天正3年(1575)に直親の13回忌法要が営まれた際、直虎や南渓和尚らは虎松を家康の家臣にさせることを決断した。直親と親交があった家康は、自身の幼名・竹千代にちなんで、虎松に万千代を名乗らせ、300石を与えた。
 万千代はその後も家康の元で武功を立て、本能寺の変が起こった天正10年(1582)の11月、元服した万千代は直政と名乗り、武田家の家臣団が井伊家に加えられ、赤備えが誕生。直政は「井伊の赤鬼」と呼ばれた。一方で、直虎は直政の出世を見届けながら、天正10年に死去。墓は龍潭寺境内の井伊家の墓所内にあり、直親の隣に眠っている。 
   
 井伊谷にある龍潭寺は奈良時代に行基菩薩が開いたと伝えられている。
 元々、井伊谷の地域は「井の国の大王」が聖水祭祀を務めた「井の国」の中心地とされ、水にまつわる伝説が多く残るという。
 平安時代には井伊家の祖・共保が生まれ、遠江の有力武士となった。同寺の近くには共保が近くで生まれたとされる「共保出生の井戸」がある。その後、井伊家は鎌倉時代に源頼朝に仕え、南北朝時代には後醍醐天皇の皇子・宗良親王を城に迎え、北朝軍と戦った。同寺に隣接する井伊谷宮には宗良親王がまつられている。
 室町時代には、井伊家二十代・直平が帰依した黙宗瑞淵和尚を新たに同寺の開山として迎えたことで、遠州地方に臨済宗が広められた。
 同寺の1万坪(3万3000平方㍍)余りの境内には、彦根藩四代・直興が延宝4年(1676)に再建したという本堂、元禄15年(1702)に建てられた開山堂、共保・直盛・直政の座像や直弼の位はいなどが安置されている霊屋などの建物がある。庭園は長浜出身の文化人・小堀遠州が江戸時代初期に造った池泉鑑賞式。彦根藩二代藩主・直孝の依頼で造ったとされる。昭和11年に国の名勝に指定されている。
 大門と仁王門の間にあるご神木のナギの木は樹齢約400年とされる。井伊家存続が危ぶまれていた時代、直政の母は境内の松岳院内に身を寄せながら、地蔵を境内にまつり、その隣に息子の無事の成長を願って、ナギの木を植えたという。
 平成22年10月16日には、浜松市で開かれていた「奥浜名湖『井の国』千年祭」にひこにゃんが訪問。橘(たちばな)の幼木を龍潭寺の入り口に植えた。
 なお彦根市古沢町の龍潭寺は、慶長5年(1600)に直政が佐和山城主となったのを機に、昊天禅師を招いて山麓に建てられた。こちらの庭園も遠州が造園に関わった。
 このほか、井伊家の城としては井伊谷城があり、直虎らもこの城を拠点にしていたとみられる。現在は井伊谷城跡城山公園として整備されている。
 そして、山下には井伊家館跡(井伊城本丸跡)に残る「井殿の塚」があり、今川家によって謀殺された井伊直満・直義兄妹の輪塔がある。
 (※=この特集記事は本紙平成28年の元日号で掲載した内容です。)

2016年12月31日土曜日

元日はじめ祝日には国旗掲揚を

 天皇陛下の誕生日の23日は今年最後の祝日だったが、国旗を掲揚していた家庭はほとんどなかった。次の祝日になる新年の元日には掲揚する家庭が増えることを願い、元日や祝日、国旗について簡単に説明する。
 元日といえば、「年の始めの例(ためし)とて」で始まる唱歌「一月一日」が有名で、一般的に日本では太陽暦(新暦)を使い始めた明治元年以降、「年の始め」として元日を指す。昭和23年7月に成立した祝日法では「年のはじめを祝う」と記され、元日は祝日になっている。
 また明治元年には「日の丸」が国旗として内外に公表され、明治6年の元日ごろから祝日などには各家庭に国旗を掲揚する風習が広まった。戦後の数年間は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の占領下により掲揚が抑制されたが、祝日法の制定に伴って緩和され、昭和27年4月28日のサンフランシスコ平和条約の発効により、「祝日の国旗掲揚」が固定化していった。
 しかし国旗や国歌に対して、戦後から現在にかけて式典などでの掲揚や斉唱に反発する者が一部におり、それらに影響されてか、祝日に国旗を掲揚する家庭も少なくなっている。海の日や山の日ならまだしも、国民全体で祝うべき建国記念日や天皇陛下の誕生日などでも掲揚しなくなったのは極めて残念だ。住宅業界の知人によると、新築住宅では掲揚するための場所も設置しないのが大半だという。
 来年こそ、祝日には国旗を掲揚している家庭が少しでも増えることを願いながら、年の瀬のあいさつにしたい。それでは皆さま、よいお年をお迎えください・・・。
      【山田貴之】

2016年12月28日水曜日

不登校や引きこもりの若者向けの交流の場「逓信サロン」河原2丁目の逓信舎にオープン

 不登校や引きこもりの若者向けの交流の場「逓信サロン」がこのほど、彦根市河原2丁目の逓信舎にオープンした。
 内閣府の今年9月の「若者の生活に関する調査」によると、引きこもりの15歳~39歳の若者は54万1000人いるとされる。彦根市子ども・若者課では、そのような若者たちが社会に入り込むためには自信と、他者や社会への安心感と信頼感を持つことが不可欠だとしている。
 市では今年10月に市福祉センター2階に市子ども・若者総合相談センターを開所し、不登校や引きこもりの若者の支援にあたっているが、気軽に若者たちが集って交流する場を提供しようと、滋賀県立大学の「地(知)の拠点整備事業」の課題研究と連携する形で11月10日に逓信サロンを開設した。
 サロンの開所時間は毎週火曜と木曜の午前11時~午後4時。NPO芹川のスタッフの田中由美子さん(54)が常駐し、掃除や料理など「日常生活でプラスになる活動」、会話や卓上ゲーム、カロムなど「コミュニケーション」、工作や映画鑑賞など「ものづくり・文化的経験」、「ボランティア・地域行事への参加」を若者たちと一緒にする。
 市子ども・若者課の担当者は「まずは家から出てもらうことが大切で、その『一歩』になればと思う。そして、自信をつけて、将来的には社会の担い手になってもらえれば」と話している。開設期間は来年3月31日までだが、来年度以降も市の事業として目指したいとしている。見学や体験自由。問い合わせは同課☎(49)2251。

肥田町で収穫された米(日本晴)を使った純米酒「肥田城」が完成

 彦根市肥田町で収穫された米(日本晴)を使った純米酒「肥田城」が完成した。
 肥田町では平成23年12月に田畑が整備されたのに合わせ、「1集落1農場」方式で各農家が出資して農業組合法人ファーム肥田を設立。現在は47人の出資者がおり、31㌶の農場で米や麦、大豆などを生産している。
 今年で4年目となった純米酒「肥田城」は豊郷町の岡村本家が醸造しており、まろやかで飲みやすいのが特徴。ファーム肥田代表理事の成宮一郎さん(68)は「一度飲んだら、もうこのお酒しか飲めません」と話していた。「肥田城」は今年11月に彦根市のふるさと納税の返礼品にも採用されている。
 720㍉㍑と1・8㍑があり、生原酒(1296円と2592円)が岡村本家と肥田町の薩摩酒店で、火入れした純米酒(1029円と2057円)が2店舗とパリヤで販売している。