滋賀彦根新聞

彦根市と犬上郡の話題を中心に、関連する国政や滋賀県政のニュースもお送りします。取材依頼や身近な話題の提供などもお待ちしています。 電話0749-65-0608 FAX0749-62-4483 メール(hikone@shigayukan.com)

2020年5月30日土曜日

給付金詐欺防止と手の洗い方ひこにゃん動画 彦根市公式ユーチューブで配信

 一人10万円の特別定額給付金の支給に合わせて振り込め詐欺が発生する恐れがあるため、彦根市は19日から「給付金詐欺の注意喚起」動画を市の公式ユーチューブで配信している。
 ひこにゃんが電話に出ながら寸劇を交えて啓発。彦根市や滋賀県、総務省の職員を名乗る声で「給付金を振り込むため銀行のATMで手続きして」「振込手数料が発生するため、これから申し上げる口座に振り込んで」「キャッシュカードと暗証番号を取りに行く」と言われたひこにゃんが電話を切った後、「×」の札を掲げながら詐欺被害の防止を呼びかけている。動画の再生時間は3分39秒。
手の洗い方動画も
 新型コロナの感染防止のため、彦根市は16日から、ひこにゃんによる「手の洗い方」動画も市の公式ユーチューブで配信している。動画の再生時間は55秒。厚労省の啓発資料に基づいて、市シティプロモーション推進課の職員とひこにゃんが手の洗い方を紹介している。

酒造会社の岡村本家が手指消毒用の高濃度エタノール製造

 醸造会社の岡村本家(豊郷町)は新型コロナ感染防止のため、手指消毒用の高濃度エタノールを製造。22日には彦愛犬の各市町に240本ずつ贈呈した。
 不足している消毒液を作ろうと、今月初めに蒸留酒類のスピリッツの免許を取得し製造してきた。アルコール度数66%、300㍉㍑。
 彦根市役所仮庁舎を訪れた岡村博之社長(50)は「医療現場や福祉施設など足りない場所に配ってほしい」と話していた。1本660円(税抜き)で販売もしている。問い合わせは岡村本家☎(35)2538。

2020年5月24日日曜日

県南部6市長と湖北2市長がボーナス全額返上、彦根市長は20%削減のみ

 県南部の6市が19日までに市長ら三役の6月の期末手当(ボーナス)を全額返上する考えを示した。21日には米原市、25日には長浜市も「全額返上」を表明した。一方で彦根市は大久保貴市長が20%のみのカットで、18日の臨時会でも疑問の声が出ていた(金額は千円以下切り捨て)。
 新型コロナウイルスの感染防止と経済支援の対策に向けて、草津、守山、栗東、野洲の4市が18日に、甲賀、湖南の2市が19日に市長、副市長、教育長のボーナスの全額返上を表明。18日の4市は共同で「多くの市民、事業者が極めて厳しい経済状況にあり、4市長で話し合い、少しでも対策経費の一助になればとの思いから全額返上することとした」と報道発表した。6市は6月議会に関連議案を提案する(栗東は5月臨時会と6月議会に分けて)。
 彦根市のボーナスは市長が20%カットの148万円、副市長が10%カットの139万円、教育長が5%カットの134万円で、削減額の合計は65万円。18日の臨時会では獅山向洋議員らが「困難な生活を強いられている市民の目にこの金額はどう映ると考えているのか」「65万円の減額のみでどのような地域経済再生ができるのか」と質問。大久保市長は「額について市民の皆さんの感じ方はさまざまだと思う。経済対策の中で少しでも足しになれば」と述べた。
 県南部6市の三役が全額返上する額は市長・副市長・教育長の順で以下の通り。▽草津=188万・158万・146万▽守山=143万(20%減額中)・129万(15%減額中)・141万▽栗東=139万・127万・122万▽野洲=158万・副市長不在・129万▽甲賀=156万・147万・41万(4月就任)▽湖南=148万・127万・121万。

家庭内ごみ搬入急増し処理追いつかず、新型コロナの外出自粛の影響

 家庭内ごみの搬入が急増し処理が追いつかないため、彦根市清掃センター(野瀬町)は市民に搬入を控えるよう求めている。特に粗大ごみやプラスチックごみが多く、新型コロナウイルスの外出自粛の影響が出ているとみられる。
  市清掃センターによると、緊急事態宣言の対象区域が全国に拡大された4月16日以降、家庭内からのごみの持ち込みが急増。外出自粛のため家庭内の不用品を粗大ごみとして持ち込んだり、飲食品の買いだめで汚れたままのトレーなどを燃やすごみとして出したりするケースが多いという。

粗大ごみ大幅増
トレーごみも
 特にゴールデンウィークの合間の4月30日、5月1、7、8日に受付前に長い渋滞ができるほどの来訪があった。5月1日から12日までに家庭から搬入された回数は可燃ごみが昨年同時期の854回から1073回に増え、粗大ごみが890回から1667回に大幅増になっている。
市清掃センターの焼却処理能力は1日約90㌧。5月の12日間の焼却可能量は約1080㌧だが、粗大ごみのうち焼却できる88%を加えた焼却対象が約1156㌧のため、約76㌧のごみが処理できない状況。市清掃センターでは処理できる量を超えているため、粗大ごみについては別のスペースに保管している。
 担当者は「このままでは通常のごみ収集にも支障が出るため、当面の間はごみの搬入が待てる場合は控えてほしい」としている。またごみの量を減らすため、トレーなどのごみは汚れを水ですすいで容器包装プラスチックとして出すよう求めている。


2020年5月21日木曜日

弁当や食材を無料提供のプロジェクト「弁当代寄付して」

 生活困窮者らに弁当や食材を無料で提供する「あったかごはんプロジェクト」を実施している彦根市社協は、弁当代などの寄付を受け付けている。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴って影響を受けた市内の生活困窮者や一人親家庭を支援するため、市社協は4月20日からフードバンクひこねと連携して同プロジェクトを実施。臨時休校で使われなくなった学校給食の食材や、みんなの食堂、あじさい福祉会、旬菜うえき、二十一回夢食堂の4店が作る弁当を無料で提供している。
 同プロジェクト開始以降、約50組が訪れており、配布できる弁当を確保するため寄付を始めた。一口1000円で、目標額50万円。滋賀中央信用金庫の「あったかごはんプロジェクト応援募金」の専用口座での振り込みか、市社協の窓口で受け付ける。6月末まで
 寄付金は弁当を作る飲食店に協力金として渡すほか、弁当箱などにあてる。同プロジェクトは今月29日までだが、来月以降も状況を見ながら延長の予定。スタッフも募集。問い合わせは市社協☎(22)2821。

2020年5月20日水曜日

彦根巡礼街道商店街振興組合ベルロードのイメージキャラクター・ベルファミリーのシール作成

 彦根巡礼街道(ベルロード)商店街振興組合は、イメージキャラクター「ベルファミリー」のシールを作成。加盟店で活用するほか、今後のベルロードでのイベントで配布していく。
 同組合はベルロード沿いの123店が加盟。2017年9月にホームページを作成した際、一緒にキャラクターも作った。ベルファミリーは滋賀県立大学を卒業した山本ひかるさんが考案。ベルの妖精の男の子の「べる太」、べる太のガールフレンド「ベル子」、ベル太のお父さん「ベルパパ」とお母さん「ベルママ」、忠犬「ベルわん」の家族で、それぞれにいくつかのバリエーションがある。
 同組合はベルロードのシンボルとしてより多くの人に知ってもらおうと、シールを作成。シールはカラーA5サイズで、1シートが家族個々の18枚とベルファミリー全員の3枚。3000シート作成し、加盟店に10シートずつ配布。加盟店では封書やメニューに貼ったりして活用するほか、ハロウィン祭りなどのイベントで配る。
 同組合事務局の東幸子さん(67)は「シールの作成をきっかけに、ベルロードのキャラクターとして認知してもらい、多くのお客さんが来てくれたら」と話していた。

2020年5月18日月曜日

自宅で手遊びできる動画みどり幼稚園のホームページに

 彦根市川瀬馬場町のみどり幼稚園は12日から、子どもたちが自宅で手遊びなどができる動画をホームページにアップしている。
 みどり幼稚園は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月2日から自由登園の措置をしているが、園児が自宅でも遊べるように4月22日から動画をホームページにアップ。保育士たちが歌いながら手遊びをしている様子を流しており、園歌を入れて9パターンある。
 これまでは在園児のみしか見られなかったが、自宅で過ごすことが多い子どもたちを元気づけようと、12日からは在園児以外でも見られるようにした。「グーチョキパーでなにつくろう」、「キャベツのなかから」、園歌の3つをトップ画面で公開している。
 野村郁雄理事長(75)は「お子さまに楽しんで頂いたり、ご家族で喜んで頂きたいと思い、公開しました」と話している。