彦根市と犬上郡の話題を中心に、関連する国政や滋賀県政のニュースもお送りします。取材依頼や身近な話題の提供などもお待ちしています。 電話0749-65-0608 FAX0749-62-4483 メール(hikone@shigayukan.com)

2019年9月19日木曜日

裏合意で契約解除した業者の社長と副市長が「随意契約の可能性」で面談

 彦根市役所本庁舎耐震工事の先月7日の入札不調後、山田静男副市長が大久保貴市長の指示を受けて、地方自治法施行令違反の裏合意の問題で契約を解除した業者の本社などを訪れていたことがわかった。一度、契約を解除した業者と市との水面下での交渉に対し、今後「新たな火種」として市議会などでの厳しい追及が予想される。
 庁舎耐震工事の施工業者だった業者側と市の一部職員とが一部工事の取りやめなど裏合意をしていた問題を受け、両者は昨年9月から今年2月まで調停協議を行ったうえで契約を解除した。その後、残工事の1回目の一般競争入札、2、3回目の指名競争入札はいずれも不調に終わった。
11日の市議会一般質問で北川元気議員が業者との協議の事実関係を確認。山田副市長は「地方自治法が定める随意契約の対象になるかの検討と並行して、契約締結の可能性を探るために8月21日に業者の滋賀支店を、23日に本社を訪問し、社長らから契約締結の意向をうかがった」と公表。業者側から「市の予定価格では折り合いがつかないことや再受注による風評被害の懸念が示された」と述べた。しかし、その後の市の顧問弁護士らとの相談の結果、随意契約の要件に満たない可能性があることが判明したため、業者側には「現状の予定価格での随意契約の可能性がなくなったため、可能ならば競争入札に参加してほしい」と伝えたことを明かした。
 大久保市長は、山田副市長が業者の滋賀支店を訪問した翌日の先月22日の会見で「競争入札はそぐわない案件。随意契約を排除せずに検討する」と語っていたが、その4日後の市議会の委員会で「もう一度、競争入札で」と意見を変えていた。
 11日の市議会一般質問で北川議員の「誰の指示で訪問したのか」との質問に、山田副市長は「関係者の職員の会議で決め、最終的には市長の指示だった」と答弁。道義的に問題はないのかの指摘に対しては「何とか前に進めたいとの思いで行った」と釈明した。
 

2019年9月17日火曜日

大津地裁・大津家裁彦根支部が駅東町に移転へ

 彦根市金亀町の大津地裁・大津家裁彦根支部が駅東町に移転することがわかった。民間企業が所有していた土地の取得も8月に終えており、今月2日には最高裁判所が設計業務などの入札公告を行った。
 現在の地裁彦根支部は彦根城の城内に位置しており、江戸時代は西郷家ら彦根藩の武家屋敷が建っていた。このため世界遺産登録を目指す彦根市は以前から移転を要請しており、大久保貴市長も2015年5月の本紙の取材に地裁彦根支部の彦根駅東口への移転を求める考えを示していた。
 新しい地裁彦根支部は佐和山自動車教習所があった敷地面積2841平方㍍に、延べ1889平方㍍で3階建てで建設される。自転車置き場も設置される。住所は駅東町1丁目13
 敷地測量や地盤調査などの入札公告が8月30日に、新築と既存庁舎解体の実施設計などの入札公告が9月2日に行われた。建物の納入期限は2021年2月12日になっている。
 地裁彦根支部には大津地検彦根支部があるが、大津地検では「彦根支部の移転の要望をしているが、移転先や時期は未定」としている。新築される地裁彦根支部の隣接地は市が所有しており、その敷地に地検彦根支部が移転する可能性もある。

2019年9月14日土曜日

ラグビー人口増へヒコネラグビー ワイルドバンチが体験会

 湖東湖北でのラグビー人口を増やそうと、彦根市民有志らが子ども向けのスクール「ヒコネグビー ワイルドバンチ」を結成。今月29日午後5時から彦根総合高校グラウンド(佐和山小の隣)で体験会を開く。
 県内では南部の中学校にラグビー部があるが、湖東湖北のラグビー人口は「皆無に等しい状況」だという。八幡工業高時代にラグビー部員だった恩田貴司さん(45)=東沼波町=らは、今月20日からラグビーワールドカップが国内で始まるのに合わせて、その機運を高めようと今年6月に同スクールを設立。県内の小学5年から中学3年を対象に毎週水曜と木曜の夜に滋賀大や鳥居本小などのグラウンドで練習している。
 将来的には県ラグビーフットボール協会に加盟し、県外のリーグ戦や全国大会への出場も目指す。体験会の対象は小中学生。恩田さんは「ラグビーは人間形成にも役立つスポーツ。未経験でも大丈夫なので、まずはラグビーというスポーツを知ってもらうことから始めたい」と参加を求めている。参加無料。問い合わせは恩田さん℡090(3285)7355。

2019年9月10日火曜日

湖東唯一の銭湯・山の湯が8月末で廃業

 チェーン店を除いて湖東地域で唯一の銭湯だった「山の湯」(彦根市中央町)が8月末で廃業した。常連客らからは残念がる声がある一方、1879年(明治12年)創業で歴史ある建物のため、今後の活用策が注目される。
 山の湯は、彦根でのキリスト教会の草分け的存在だった三谷岩吉が、それまで経営していた遊郭を廃業し、その当時に失業していた高齢者らに職を与えるために銭湯を始めたのが最初とされる。
のれんをくぐると、左が女風呂、右が男風呂になっており、入り口を入ると中央に番台がある。脱衣場から浴場に入ると、少し熱い湯、常温、かけ湯用、薬湯の浴槽があり、特に薬湯は彦根城の元御殿医に教えられた成分の配合が続いてきたという。浴場の様子は彦根出身の画家・上田道三の絵「明治の風呂屋」にも描かれており、現在も明治期と変わりない。 
奥田庄喜さん(享年77)が1988年(昭和63年)ごろに前任者より引き継ぎ、四代目として隣接する家主から借りる形で妻の良さん(82)と二人三脚で経営。約9年前に庄喜さんが亡くなって以降は良さんがオーナーを務めてきた。

客5年で半減に
隣接は旧外堀土塁
近年、市内には多い時で20軒ほどあった銭湯も年々減っていき、市史によると、2001年の調査時では市内で5軒となり、しが彦根新聞が約5年前に取材した際は山の湯のみだった。
 常連客は9割が高齢者で、約5年前が80人ほどだったが、ここ1、2年で半分以下に落ち込んでいたという。またボイラー設備や付属の機械が壊れ、高額な修理費と将来的な見通しから廃業を決意。良さんは「常連客のことを思うと続けたいけれど、仕方ない」と話している。
 20年近く山の湯を愛用してきた河原2丁目の女性(71)は「利用客同士で和気あいあいと仲良くでき『お風呂友だち』も何人かいた。困っている市民もいるし、市が支援して続けられないか」と話していた。
 山の湯の建物は市内の不動産業者が管理しており、隣接場所に土塁が残る外堀跡は国の特別史跡にも指定されている。不動産業者の社長は「文化財的な価値があるのは理解しており、市民から保存を求める意見も聞いている。しばらくは様子を見たいが、借り手がない場合は解体もやむを得ない」と述べている。

彦根市・日産自動車・滋賀日産自動車、災害時に電気自動車(EV)貸与する災害連携協定締結

 彦根市と日産自動車、販売店の滋賀日産自動車は、災害による停電時に電気自動車(EV)を無償貸与する「災害連携協定」を締結。28日に仮庁舎などで締結式とデモンストレーションを行った。
 日産自動車はEVの普及を通じて地域社会の課題解決に貢献する「日本電動化アクション『ブルー・スイッチ』」を昨年5月から進めており、9月の東京都練馬区を最初に全国各地の自治体と災害連携協定を結んでいる。
 近畿で初、全国では8自治体目となった彦根市との協定では、災害による停電時に市内63カ所の避難所のうち、要請を受けた場所に滋賀日産自動車の15店で所有しているEVを貸し出す。
 EVのフロント部にあるバッテリー(62kwh)から外部給電器を通じて電力を供給する仕組みで、スマートフォンなら6200台分の充電、扇風機なら517時間、一般家庭なら約4日分の給電などができる。
 仮庁舎での締結式には大久保貴市長、日産自動車の神田昌明理事、滋賀日産自動車の酒井雄一郎取締役社長が出席し、協定書にサイン。神田理事は「動く蓄電池として社会に貢献できることをうれしく思う」とあいさつし、市長は「災害時の対応力が向上できるのは心強い。協力に感謝している」と述べた。最後にはひこにゃんを交えての記念撮影もあった。
 彦根駅西口広場に移動して行われたデモンストレーションでは、市長がEVのバッテリー部分に接続し、扇風機を動かしたり、ライトを点灯させたりした。


2019年9月4日水曜日

彦根城の管理業務を来年度から民間委託へ

 彦根市は26日、彦根城の管理業務を来年度から民間委託すると発表。ひこにゃんの運営費も継続して外部委託する。
 地方公務員法の改正に伴う会計年度任用職員制度の導入で、彦根城の運営費が増加する見込みのため、彦根城管理事務所に所属する臨時職員85人の人件費などのコスト削減と民間ノウハウを活用した入山者の増加を目的に委託する。
 彦根城は昭和19年(1943年)以降、市が管理している。入山者数は近年では彦根城築城400年祭があった平成19年(2007年)が84万9056人だったが、イベントがない年は昨年度が72万2916人など70万人台で推移している。市は民間委託により90万人の入山者数を目指す。
 市が積算した民間委託時の3年間の見込み額は、人件費や運営費、誘客対策費、自主事業費、ひこにゃん経費、ほかの関連経費で8億6006万円になるが、ほかの関連経費には年間入山者数が80万人を超えた際のインセンティブ(報酬費)3900万円(1300万円×3年間)も含む。大型の修繕など1億8227万円分は市が継続して担う。一方、会計年度任用職員制度の開始後に直営で運営した場合の想定費は10億2896万円。その差額1337万円分が経費増になるが、市は「民間委託による収入増でカバーできる」としている。

彦根城博物館も委託
 市は彦根城や玄宮楽々園の管理、ひこにゃんの運営費のほか、彦根城博物館の受付や売店、薄茶席などの業務も民間委託する。来年度から3年間の運営委託料の債務負担行為補正8億6006万円(彦根城)と7170万円(彦根城博物館)を9月議会に提案。議決後の10月中にプロポーザル(企画提案後に選定)方式で公募し、年内にも管理会社を決定する予定。
 国宝5城では姫路城が民間委託、松江城が指定管理者で運営しているが、ほかの松本、犬山の2城は行政直営だという。

2019年9月3日火曜日

びわ湖クラフトビール祭り9月8日に滋賀県護国神社で

 県内外のビール醸造所が一堂に集う「びわ湖クラフトビール祭り」が9月8日に彦根市尾末町の滋賀県護国神社で開かれる。クラフトビールの祭典としては県内初めてだという。
 彦根市佐和町のさざなみ酒店など湖東地区の有志8人による実行委員会が「お酒の文化を彦根に根づかせたい」との思いから企画。昨年9月に近江ツーリズムボードが市内の有名店に出店を依頼し、県護国神社で開催した「近江美食ガーデン」にクラフトビールを扱う県内外の10店を加えた形のイベントを開催する。
 出店する10店は、県内が二兎醸造(近江八幡)、長濱浪漫ビール、近江麦酒(堅田)、びわこいいみちビール(水口)、HINO Brewing。県外が箕面ビール(大阪)、伊勢角屋麦酒(伊勢)、ワイマーケット(名古屋)、六甲ビール(神戸)、Nomcraft Brewing(和歌山)。計約50種類のビールが並ぶ。
 市内の串カツ、和食、イタリア料理、フランス料理、からあげ、ジェラート、中華料理など10店も出店し、ビールに合った食べ物を用意する。チケット1枚400円、5枚つづりとオリジナルのプラカップ付きで、前売り2200円・当日2400円。開催時間は午前10時~午後5時。
 実行委員会代表の安斎和真さん(48)は「クラフトビールは世界中で人気が出ていて、日本各地でもクラフトビールフェスが開催されています。滋賀の新たな魅力づくりのイベントにしたいと思います」と来場を呼びかけている。専用のホームページもあり。前売りは出店店舗かさざなみ酒店で販売。問い合わせは同店℡(22)1201。
 

2019年9月2日月曜日

彦根休日急病診療所9、10月の日曜日診療を臨時休診に

彦根市は八坂町のくすのきセンター内に開設している彦根休日急病診療所の9、10月の日曜日診療を臨時休診する。出務医師の負担軽減のためで、11月以降については「休日診療を再開する」としている。
市は民間の医療機関で組織する彦根医師会に業務委託し、同診療所で日曜、祝日と年末年始の午前10時~午後7時に内科と小児科の診療を行っており、彦愛犬の内科医26人と小児科医18人がローテーションで勤務。昨年度、診療日73日に延べ146人の医師が出勤した。また昨年度の医師一人1回あたりの出勤への支払いは10万6250円(年末年始は16万3626円)だった。
しかし、彦根医師会からは同診療所への出務に対して「負担の軽減や待遇改善」を求める声があった。市は大学病院の医師派遣や民間会社の人材派遣を検討してきたが、医師の確保には至らず、出務医師の負担軽減のために9月と10月の日曜の計9日間を臨時休診にする。祝日の9月16日、23日、1014日、22日は診療を行う。
11月以降の日曜の診療は再開されるが、来年度以降について市は「出務医師の負担軽減とベースアップ(賃金引き上げ)について、彦根医師会と協議をしながら調整していきたい」としている。臨時休診に伴い、市は土日診療をしている彦根中央病院を紹介している。