2018年1月30日火曜日

さざなみ酒店に設けられた立ち飲みができる角打ちスペースが人気

 彦根市佐和町のさざなみ酒店に設けられた立ち飲みができる角(かく)打ちスペースが人気となっている。
 元々は佐和町商店街沿いに店舗を構えていたが、彦根駅寄りの旧ダンススタジオを改装して昨年10月2日に新装オープン。店内は滋賀県内の酒蔵で不要になった木材を商品置き場やインテリアに活用しており、茶褐色や黒色の天然塗料を塗るなどしてリノベーションしている。
 店主の安斎和真さん(46)は「気軽にお酒を味わってもらえる場を提供しよう」と考え、立ち飲みができる場を設置。店のスペース約43平方㍍の約9平方㍍分を角打ちとして開放し、酒を蓄えておく木製の酒槽(さかぶね)の重しぶたに柿渋を塗った高さ約1㍍・幅70㌢㍍×奥行き2・6㍍の立ち飲み用のカウンターを設けた。
 メニューは県内の地酒と県外の地酒を60㍉㍑×3杯で飲み比べができる2種類のセットや、熱燗、ベルギービールがある。つまみとしてふなずし、くん製卵、から揚げジャーキー、干しぶどうなどを用意している。
 壁には▽持ち込み厳禁だが、店主への差し入れは大歓迎▽店主は肺が弱いため完全禁煙とする▽店内が混んできた場合は早めに来た者から退出するのが心遣い▽飲酒運転は論外など10カ条の「角打ち心得」が貼られており、安斎さんは「スマートで粋な文化を皆さんに楽しんでもらいたい。1次会前の0次会や奥さんの買い物を待つ時間などにも利用してほしい」と話していた。
 入店時間は午前9時~午後8時で、閉店が同9時。日曜定休だが、春以降は平日の1日を定休に。問い合わせはさざなみ酒店☎(22)1201。

0 件のコメント: