2008年12月12日金曜日

ベロタクシー「ひこにゃん号」のお別れ会

 彦根市内でベロタクシーを運行しているNPO法人五環生活は9日、ユビキタス号(通称・ひこにゃん号)の最終運転をした。同日、彦根城表門前で写真撮影会などが開かれた。
 ひこにゃん号は、彦根商議所などで組織の彦根ユビキタス産業協議会が車体にひこにゃんの写真などを貼り付けて、昨年10月から走らせていた。ほぼ毎日、運行され、延べ約2000人が乗車したが、スポンサー契約が切れたことと、ソーラーパネルで走らせる「ソーラーベロ」を開発したため、ひこにゃん号の運行を終了させることにした。
 最後の披露となった表門橋前では、ひこにゃんも登場し、車体と一緒に写真撮影に応じたり、テープカットをして、「別れ」を惜しんでいた。

0 件のコメント: