2015年4月17日金曜日

鈴木ヘルスサービス 小規模多機能ホーム鈴の郷 鳥居本に開設

 鈴木ヘルスケアサービス(鈴木則成社長)は彦根市鳥居本町に小規模多機能型居宅介護施設「小規模多機能ホーム鈴の郷」を開設。13日のオープンを前に11日まで見学会を実施している。
 小規模多機能型居宅介護は、通所介護(デイサービス)を主に利用しながら、必要に応じてショートステイ(宿泊)や訪問介護が受けられるサービス。これまでは別々の施設で各サービスを受けていたが、3種類を顔なじみのスタッフから1カ所で受けることができるため、人見知りの高齢者でも安心して利用できる。
 「鈴の郷」は木造平屋建て延べ137平方㍍。畳を敷いた民家風の造りで、居室、キッチン、食堂、浴室、畑を設けている。同社は平成12年4月から訪問介護・居宅介護支援などのサービスの提供を始め、翌年には平田町に「デイサービスセンターべるふらっと」を開設。平成15年には鳥居本町に築150年の民家を改装した「デイサービスエンター鈴の音」を設けた。「鈴の音」は「鈴の郷」の裏側にあり、デイサービスのみの希望者には「鈴の音」を、3種類のサービスの希望者は「鈴の郷」を利用してもらう。 
 見学会の時間は午前10時~正午と午後2時~同4時。問い合わせは「鈴の郷」☎(22)5544。

0 件のコメント: