2009年2月6日金曜日

彦根市立病院で鳥インフルエンザの対応訓練


 県や彦根市立病院、市消防本部は5日、市立病院で新型インフルエンザの感染者発生時の対応訓練をした。
 鳥インフルエンザが東南アジアを中心に世界的に流行しており、日本国内でも流行のおそれがある。国は、大流行時には国内で64万人、彦根市内では600人が死亡すると推計している。
 訓練は、市内の男性から「親戚の感染者に接触した後、高熱とせきがあり、呼吸も苦しい」との連絡が彦根保健所内の発熱相談センターにあり、市立病院に検体の採取を依頼。その後、男性が救急車を要請し、市立病院の外来に搬送されたとの想定で行われた。
 訓練には、彦愛犬地区の自治体、医療機関、彦根署、市消防本部、市立病院などから約150人が参加。対策本部の設置、市立病院への搬送、診察と検体採取、患者接触者への疫学調査、マスクや防護服着脱などの訓練が行われた。

0 件のコメント: