2016年1月6日水曜日

井伊直虎市民応援隊を設立

 再来年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放映に合わせて、市民団体・ひこねを盛り上げ隊の隊長・正村圭史郎さん(47)が「井伊直虎市民応援隊」を設立。先月17日に彦根市民会館2階で立ち上げ式を開いた。
 直虎は彦根藩初代藩主・井伊直政が幼少期のころ、養母として直政を育てた尼の次郎法師の別称。当時は井伊家存続の危機にあった時代で、その危機を「女城主」井伊直虎とかたり、指揮したことで知られる。直政のはとこにあたる。
 正村さんは、約1年後の大河ドラマの開始に合わせて、彦根市民らに直虎について知ってもらおうと「応援隊」を設立。月1回のペースで勉強会などを開く。地域の自治会や子ども会などの集まりにも講師として駆けつけるという。
 正村さんは「来年の今ごろは、多くの人が直虎について知ってもらっていることを目指しがんばりたい」と話している。入隊は自由。問い合わせは正村さん☎090(3673)2277。

0 件のコメント: