2017年7月25日火曜日

びわ湖チャリティー100㌔㍍歩行大会10月21、22日の両日開催 出場者とサポーターを募集

 長浜市から大津市まで約100㌔㍍を歩く「びわ湖チャリティー100㌔㍍歩行大会」が10月21、22日の両日開催。実行委員会(森内智弘委員長)では出場者とサポーターを募集している。
 100㌔㍍を歩くことで希望や勇気、自信を持ってもらおうと、県民有志による実行委員会が平成26年から開催しており、昨年は参加者575人のうち75・8%の436人が完歩した。4回目の今年は10月21日午前9時に長浜の豊公園をスタートし、翌日午後3時半までに大津のおごと温泉公園にゴールする「びわ100コース」を設定したほか、もりやま美崎公園駐車場をスタート地点にした50㌔㍍の「ハーフびわ100」と、21日正午にスタートする「アスリートコース」を新設した。
 定員はびわ100が650人、ハーフが100人、アスリートが50人。参加費は1万5000円、ハーフのみ1万2000円。対象は高校生以上で、未成年は保護者の承諾が必要。収益金は琵琶湖の保全活動のために寄付される。
 2回大会から参加している実行委員会営業リーダーのみらい創互社(彦根市本町)代表取締役の中島治子さん(42)は「びわ100を達成することで、そこから新たな自分の可能性を感じることができるはずです」と参加を呼びかけている。申し込みは8月31日までに事務局へファクス。また実行委員会ではスタート・ゴール地点やチェックポイントなどで飲食の渡し、誘導などをするサポーターも募集。問い合わせは事務局☎077(574)7200。

0 件のコメント: