2018年11月30日金曜日

辻番所の見張り窓が損壊、当て逃げか

 彦根市指定文化財の辻番所(旧磯嶋家住宅)=芹橋2丁目=の通り沿いにある見張り窓部分の出格子が、自動車の接触事故とみられる影響で壊されているのが21日わかった。市教委文化財課は20日に被害を確認し、彦根署へ被害届を提出。同署は当て逃げ(道路交通法違反)の疑いで調べている。
 辻番所は江戸時代に武家屋敷の周辺に置かれた監視用の建物。旧彦根藩足軽屋敷の善利組(芹橋2)の旧磯島家住宅の一角に残っており、約7・3平方㍍のスペースの角には東と南の2方向に分かれた見張り窓が備えられている。全国でも唯一だとされる。市は平成21年3月に市の指定文化財にし、国の補助を得て翌年10月から半解体による修理を始め、同25年12月に完成。現在は市民団体・彦根辻番所の会が勉強会などで活用している。
 20日朝に地元住民が路上に落ちている見張り窓を発見。午前10時ごろに報告を受けた同会会長の渡邊弘俊さん(81)が文化財課に知らせた。同課の調査で、高さ1・4㍍にある東側の見張り窓(縦40㌢×横60㌢)が壊れているのを確認。自動車がぶつかった痕跡と見られる白い塗料がついていたため、彦根署に被害届を提出した。同課は「早急に修理する」としている。
 損壊が確認された見張り窓は辻番所を象徴するカ所のため、渡邊さんは「当て逃げならばとんでもないこと。憤りをおぼえている」と話している。

0 件のコメント: