2018年11月5日月曜日

城西小学校にオーストラリアのローズパークプライマリースクールの児童たち来校

 ユネスコスクールに登録されている彦根市立城西小学校に10月25日から29日まで、姉妹校でオーストラリアのローズパークプライマリースクールの児童たちが来校。日本の子どもたちと交流しながら、さまざまな日本文化に触れ合った。
 ユネスコスクールはユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の理念を実現するため、平和や国際理解などの学習に取り組む学校。1953年に発足し、世界182カ国で1万1500校以上が加盟。日本国内では1149校園が参加している。城西小は平成24年12月に県内の小学校として最初に承認された。
 ローズパークの来校は3回目で、今年は児童24人と引率の教員4人が訪れた。城西小では25日に歓迎会や和太鼓の体験、26日に両校の児童たちがグループになって彦根城ウォークラリーなどをした。
 29日はお別れ会後、ローズパークの児童たちが彦根城博物館で着付けと茶道を体験。彦根市大東町などに教室がある和文館の講師らに教えてもらいながら着物を着た後、木造棟に移動し、彦根一会流の作法で茶道にふれた。ローズパークの児童たちは慣れない正座をしながら、和菓子や茶をいただいていた。6年生のエミリー・ルドルフさん(12)は「茶道や着付けなど色んな日本文化を体験でき、とても楽しかったです。城西小の子どもたちもとても親切でした」と話していた。

0 件のコメント: