2012年4月5日木曜日

観光客向け ひこね市レンタサイクル・めぐりんこ彦根駅前にオープンへ

 彦根駅前に、観光客向けのレンタサイクル施設「ひこね市レンタサイクル・めぐりんこ」が今月中にもオープンする。
 同駅前には、JRグループが経営する通勤・通学など向けのレンタサイクル「駅リンくん彦根店」があるが、彦根市は観光客向けのレンタサイクル事業を進めるため、その運営をNPO法人五環生活(事務局・彦根市中央町)に委託。
 五環生活ではアルプラザ彦根駅前店の1階にスペースを設け、クロスバイク・ロードバイクのスポーツサイクルと電動アシスト付き自転車の計64台を用意。すでに、以前の銀座町の事務所でレンタル事業をしているが、駅前の施設オープンに合わせて事業展開を本格化する。オープンは今月21日の予定。
 市内のほか、自転車を乗せることができる近江鉄道の利用も合わせて、犬上・愛荘でも各観光協会などが実施主体となり、レンタサイクルを行う。県の補助事業で平成23年度、1市4町に1000万円支給されている。
 彦根での料金はスポーツサイクルが3時間半300円・1日600円、電動自転車が3時間半600円・1日800円。運転免許証や保険証、学生証などの提示が必要。中学生以上が対象だが、小学生は保護者同伴なら可。問い合わせは五環生活☎(26)1463。

0 件のコメント: