2015年1月21日水曜日

彦根市議選4月19日告示・26日投票、新人複数・元職2人出馬へ

 4月19日告示、26日投票の日程で彦根市議選が予定されている。最新の情勢を紹介する(以下、敬称略・順不同)。
 市議の定数は24。現職のうち、谷口典隆、辻真理子、小川喜三郎、北川元気、上杉正敏、田中滋康、有馬裕次、安澤勝、安居正倫、赤井康彦、安藤博、八木嘉之、矢吹安子、馬場和子、西川正義、北村収、山内善男、山田多津子が再選を狙う意向を示している。
 微妙なのが宮田茂雄、渡辺史郎、杉本君江。宮田は地元の亀山学区で調整がついていないが、後継の名前が挙がり始めている。渡辺は周囲に「後継者を探しているが、見つからない」としている。杉本は不出馬と見られるが、前回も結局、後継が見つからずに出馬した経緯がある。
 出馬しないのが、徳永ひで子と前川春夫。徳永は所属する公明党で65歳の定年制があることなどから。前川は健康面の不安があり、いずれも後継者を模索中だ。
 新人と元職は、城東学区から旅館経営の和田一繁と元市議の伊藤善規が出馬を表明。河瀬学区から現職の野村郁雄が勇退するため長男で幼稚園役員の野村博雄と、元市議の夏川嘉一郎が立候補の構えで、両学区内で2人の戦いになる。高宮学区から会社経営の杉原祥浩が出馬の意向。
 公明党が一人代わり、共産党が現在の2からプラス一人を目指している状況。学区別では亀山や旭森などで新人擁立の動きがあり、今後、調整される。立候補予定者がすでに定数を超えているため、選挙戦は必至の情勢だ。     
 彦根市議選の立候補予定者説明会が2月20日午後2時〜アルプラザ6階の大学サテライトプラザで行われる。予定者1人あたり3人まで出席できる。問い合わせは市選管☎(30)6131。

0 件のコメント: