2015年1月27日火曜日

滋賀県ナースセンター彦根サテライトがくすのきセンターに開設、看護職員の就業支援で

 彦根市保健・医療複合施設くすのきセンター(八坂町)の3階に23日、看護師らの就職支援などを行う「滋賀県ナースセンター彦根サテライト」が開設された。
 県ナースセンターは平成4年から県看護協会が草津市内で運営。看護師、准看護師、助産師、保健師の看護職員の人材登録(ナースバンク)や職業紹介、県内ハローワークなどでの出張相談をしている。平成25年度は来所や電話、メールなどで1万0336件(前年度9258件)の相談を受けた。
 看護職員は直近の調査時点の平成24年時点で、需要見通し1万3580人に対して、供給実績が1万3212人と368人不足しており、今年までに不足数が年々増えている見込みだ。
 看護職員を辞めた後、再就職していない「潜在看護師」の就業を応援するため、湖東湖北地区の拠点として彦根サテライトを開設。常勤の職員が一人おり、看護職員の求人に関する相談や研修会の情報提供などを行う。
 相談受付日は平日の午前9時半~午後4時。問い合わせは彦根サテライト☎090(5903)8659。

0 件のコメント: