2017年3月9日木曜日

「消防団員カード」を店舗で提示すると優遇サービスが受けられる取り組み広がる、平成29年度から県内全市町の消防団員に

 滋賀県内の消防団員のみに配布される「消防団員カード」を店舗で提示すると、優遇サービスが受けられる取り組みが県内で広がっており、平成29年度からは県内全市町の消防団員にカードが配られる。
 昨年4月時点で県内の消防団員は9169人いるが、前年度同期の9188人と比べると微減で、彦根市消防本部管内では今年1月末時点で465人と横ばい傾向が続いている。
 県は消防団を応援する気運を高めようと、平成28年度から彦根、大津、近江八幡など県内8市1町で「消防団応援の店事業」を開始。申請のあった店舗で消防団員がカードを提示すると、割引や粗品進呈、ポイント2倍、ライス大盛り無料などのサービスが受けられる。彦根市内では12店が協賛しており、平成29年度からは犬上郡などを含め県内全市町の消防団員にカードが配られる。
 消防団応援の店は現在、県内に137店舗あり、ステッカー=写真=が各店舗に貼られている。随時募集。問い合わせは県消防協会☎077(522)1965。

0 件のコメント: