2017年3月24日金曜日

屋形船を運航するNPO法人小江戸彦根、彦根城築城410年祭に合わせて内堀にニシキゴイ放す

 彦根城の内堀で屋形船を運航するNPO法人小江戸彦根は16日、彦根城築城410年祭に合わせて内堀にニシキゴイを放流した。
 小江戸彦根は平成19年に開催された築城400年祭に合わせて屋形船の運航を開始。10年間で10万人以上を乗せてきた記念と築城410年祭の開幕を前に、ニシキゴイのし魚300匹以上を内堀に放すことにした。
 玄宮園前の船着場では放流イベントが行われ、棚橋勝道理事長は「10年間無事故で運航することができ、感謝の意味を込めてニシキゴイを放流する。築城410年祭を前に花を添えることができる」とあいさつ。
 その後、ノゾミ保育園の年長組の園児26人が2人一組となり、生後8カ月・20㌢超の紅白、三色、五色の3種類のニシキゴイ5、6匹ずつが入ったバケツを手に内堀に放流。園児たちは「元気にね」「大きくなってね」などと声をかけながら、やさしく放していた。
 なお、小江戸彦根は築城410年祭が開幕する18日午前11時~と午後1時~の30分間ずつ、屋形船を長唄と三味線を演奏しながら、船着場から彦根東高前付近まで往復運航させる。

0 件のコメント: