2017年3月21日火曜日

創業60周年を迎えた平和堂が創業者の夏原平次郎氏由来し、豊郷町の岡村本家の協力で純米大吟醸「平次郎」を開発

 今月1日に創業60周年を迎えた平和堂は、創業者の夏原平次郎氏が日本酒好きだったことから、豊郷町の岡村本家の協力で純米大吟醸「平次郎」を開発。23日から平和堂グループの各店で発売する。
 60周年の感謝と100年に向けた一歩を目指し、オリジナル商品として考案。滋賀県が推奨する環境こだわり農産物の認証を受けた米のみを使用し、酒袋に入れた酒を木艚(きぶね)と呼ばれる昔ながらの木製の絞り機で作ることで、繊細でフルーティーな味に仕上げた。6000本限定で、平和堂グループの149店で販売。720㍉㍑、1本2580円(税抜き)。商品の題字はSamurai girlの中村佳代さんがデザインした。

0 件のコメント: