2018年7月20日金曜日

高校生4人が劇団道草を結成22日に銀座芝居小屋で旗揚げ公演

 滋賀県内の高校で演劇部に所属している生徒4人が「劇団道草」を結成し、今月22日に彦根市銀座町の銀座芝居小屋で行う旗揚げ公演に向けて稽古している。
 メンバーは代表で彦根翔西館高3年の井上怜楽さん(17)=近江八幡市、脚本を手がける長浜北星高3年の和泉聡一郎君(17)=彦根市小泉町、ウェブなどを担当する膳所高3年の西田早希さん(17)=大津市、音響などを担う膳所高3年の月館陽香さん(17)=大津市。
 井上さんと和泉君が昨年10月に県内の演劇部が集まった大会で提案し、昨年末に銀座芝居小屋で行われた演劇団体の忘年会で正式に結成。「お客さんが道草をするようにふらっと立ち寄れる公演」を目指して劇団名を付けた。
 旗揚げ公演となる作品名は「ピーターパンのいないネバーランド」。高校を卒業した4人が廃墟に集まって、電波が飛ばない遊びのラジオをしていたある日、高校の時に亡くなったはずの友人からはがきが届くことから始まる物語。
 脚本兼監督を担う和泉君は「大人と子どもの境目にいる僕たちが、大人になる上での色んなかっとうをこの作品で描きました」と解説。代表の井上さんは「十代後半から二十代前半にかけて、悩んでいる私たちの年代が大人へ進む上で勇気をもってもらえればうれしいです。大人の方には私たちが悩み、考えている時期ということを知ってもらえれば」と話していた。
 開演は午後2時~と午後6時~。入場無料だが、カンパ制。問い合わせはメールgekidanmichikusa0103@gmail.com。ホームページもある。

0 件のコメント: