2018年7月30日月曜日

石寺町の湖岸 あのベンチ SNS上で話題に

 彦根市石寺町の湖岸沿いにある椅子(いす)が「あのベンチ」として、SNS上で話題になっており、土日祝日や景色が良い夕方には多くの人が訪れる人気スポットになっている。
 設置した近くに住む男性(68)によると、祖父が植えたセンダンの木の前に10年ほど前に1脚目の椅子を設置。しかし背もたれがなかったため、約3年前に改修して今の形になった。大人3、4人が座れる大きさ。
 2脚目が完成して以降、来訪者たちがツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどSNS上に掲載し、最近では「あのベンチ」と命名されて拡散。県内外からバイクや自動車、自転車で撮影しに来る家族連れや友人同士、カップルらの光景がみられ、特に眺めが良い夕方には多くの人が訪れている。
 SNS上では「どこか懐かしいような雰囲気を醸(かも)し出しています」「何気ないこの風景。まったりとしたこの時間がたまらなく好き」「これは良い所ですね。おっさん一人で行くのはもったいない気がしました」などの感想が明記。本紙記者が訪れた際に座っていた県内の女性(29)は「のんびり湖を眺めると雑多な日常を忘れられ落ち着く。いつか大切な人と来たいです」と話していた。
 設置した男性は「最初は琵琶湖の美しい眺めを夫婦で見ようと、なにげに設置したが、いつの間にか人気スポットになった。多くの人が来てくれることはうれしい」と語っていた。
 ただ、「あのベンチ」は民家前にあり、到着までに集落内も通るため、騒音などの注意が必要だ。

0 件のコメント: