2010年11月10日水曜日

久保田カヨ子さん「集中力をつけるには長く一緒に遊ぶこと」 赤ちゃんデパート水谷彦根店で子育て講習

 脳科学おばあちゃんの久保田カヨ子さんが6日、赤ちゃんデパート水谷彦根店(西葛籠)を訪れ、子育ての仕方をアドバイスした。
 久保田さんは、7カ月半で歩き始めた子どもを例にあげ「訓練すれば歩く時期も早まるが、まずは頭を鍛えることが大切。辛抱すること、待つことを教えてやらないと」「自分の意志で止めることを教えなければ、外で友だちとも遊べない」と話した。
 集中力のつけ方については「長く遊ばせることが大事で、その遊びには子どもが飽きるまで、親も付き合ってやらないと」と述べた。
 幼児の祖母からの「孫を甘やかすのか、たまには厳しくするのかの葛藤(かっとう)がある」との質問に、久保田さんは「しつけは、その子の母親と父親がするのが基本。祖父母は両親が決めたことに後押しをしてやれば良い」と語った。

0 件のコメント: