2015年6月20日土曜日

青湖会の洋画展、日展で特選の佐渡一清さん作品・兆も

 洋画グループ・青湖会(西澤廣子代表)の作品展が21日まで彦根市民会館で行われており、国内最大の美術展・日展で特選を受賞した佐渡一清さん(65)の作品「兆」も展示している。
 作品展では会員18人が描いた醒ヶ井や御嶽山など県内外の風景や、木々、人物などの洋画34点を展示している。
 そのうち佐渡さんの100号の大作「兆」は、青いTシャツを着た女性が、赤いバラが突き出た柵の前に立ち、黒色のスカートをつまんでいる様子が色鮮やかに描かれている。
 岐阜市から訪れた松本秀男さん(80)は「『兆』は影やしわなどの表現がすばらしい。また、ほかのどの作品も気が入っているのを感じる」と話していた。
 開館は午前9時半~午後4時半、21日のみ午後4時まで。入場無料。

0 件のコメント: