2018年4月6日金曜日

彦根市社会福祉協議会が買い物おたすけ本を発刊

 買い物などに出かけるのに苦労している障害者や高齢者らを支援するため、彦根市社会福祉協議会は「買い物おたすけ本」を発刊し、無料で配布している。
 身体の不自由さや交通手段の不便さで苦労している障害者や高齢者が多いことから、市社協は彦根市内で配達や送迎のサービスをしている店舗や事業所の情報をまとめた本を製作した。
 本では、食料品・弁当、日用品、福祉用具・介護用品、掃除・洗濯・ごみの処分など暮らしのお手伝い、理美容・針きゅうの5分野の計38店を掲載。店ごとに取扱品、営業日時、対象区域、連絡先などを案内しているほか、愛のりタクシー、市地域包括支援センター、市消費生活センターなどの情報も紹介している。
 A4判でカラー30ページ。市社協の松永梨佐さんは「不自由な思いをされている障害のある方や高齢者のほか、子育てで買い物が行きにくいお母さんにも利用してほしい」と話している。1500部作成し市社協で配布している。

0 件のコメント: