2009年7月29日水曜日

居合道「一心無双流」の剣士が華麗な演舞

 居合道の「一心無双流」の公開演舞が26日、彦根城博物館の能舞台で行われ、県内の剣士20人が巧みな刀さばきを披露した。
 一心無双流は毛利藩の兵法を受け継いだ流派で、県内では彦根、長浜、浅井、木之本に道場がある。
 公開演舞では剣士2人ずつが、さまざまな型をすぶりで見せた後、ベテラン剣士が真剣を手にし、畳表をまるめた巻わらをさまざまな型で鮮やかに斬った。来館者も剣士の技を、固唾を呑んで見守っていた。

0 件のコメント: