2010年3月12日金曜日

琵琶湖砂浜で浜欠け 新海浜では200㍍、「人為的」の声も

 彦根市の新海浜町と薩摩町の湖岸で、砂浜が侵食される浜欠(が)けが発生している。
 侵食エリアは、新海浜が幅約200㍍、薩摩が約100㍍で、高さは最大で約80㌢。原因は特定されていないが、県土木事務所によると、雪解け水などにより琵琶湖の水位が上がったところに、北西からの季節風が吹き波が押し寄せることで、浸食されるのが主な原因としている。
 琵琶湖岸では季節ごとに各地域で浜欠けが起こっており、新海浜などでは10年以上前から浸食が進み、平成17年に砂を補充する養浜工事が行われたが、20年にも再び発生。復旧工事が行われている。
 地元住民からは「多額の金をかけてまた発生させている」「風は無理だが、水位ならコントロールできるはず。人為的な災害ではないか」と指摘する声もあがっている。
 県は現場調査をした後で、何らかの対応をするとしている。

0 件のコメント: