2011年8月3日水曜日

田中優さん滋賀県立大学で講演、新しい「節電型電気料金制度」提案

 未来バンク事業組合理事長の田中優さんが先月31日、「福島原発事故から考える滋賀の私たちの暮らし」をテーマに滋賀県立大学で講演。原子力発電のさまざまな問題点を指摘しながら、脱原発を訴えた。
田中さんは「筋肉量が少ない女性ほど放射能汚染の影響を受けやすく、子宮などに蓄積された放射性物質(セシウム)が胎児に及ぼす影響が大きい」と説明した上で、「ナナメ型」(第三者的)の運動として水掛け論になりがちな自然エネルギーのみではない、新しい「節電型電気料金制度」を提案。電力ピーク時の為に原発を作るのではなく、既存の発電所の発電量に合わせたデマンドサイドマネジメント(消費者が電力供給量に合わせること)の導入を求めた。
 田中さんの講演会は同大の学生サークル「原発を反対という前に考える会」主催。講演の最後に行われた実行委員長の堀井宏祐希さんとの対談=写真=では「市民が正しい知識を持つことで変化は可能。最終的に原子力発電と心中する日本を選ぶか、スマートグリッド(電力需給を地域などで自律的に調整すること)による経済効果で安心と成長の国家にしていくかは、私たちの力にかかっている」と熱く語っていた。

0 件のコメント: