2011年8月25日木曜日

彦根仏壇が中国デビュー 永楽屋が出品、販路拡大目的は海外初展開

 彦根仏壇が中国デビューを果たすことがわかった。滋賀県と滋賀経済産業協会が25、26日の両日、中国・湖南省で開く商談会に、永楽屋(芹中町)が出品する。
 彦根仏壇業界はこれまで、海外へ販路を拡大することはなかったが、同社では国指定の伝統的工芸品の彦根仏壇を中国の人たちに見てもらうと共に、富裕層を中心に日本製品が売れている日本ブームの中に加わろうと、同商談会に参加することにした。
 中国には寺院があり、仏教徒も多く、観音信仰も一般的。しかし「宗教」に対しては敏感なため、仏壇は宗教用品ではなく、インテリア商品の対象になるという。
 現地には宮川富子専務(64)ら2人が参加し、花鳥の彫りやハスの蒔絵、金箔加工など伝統技法を取り入れた小型品(高さ125㌢・幅65㌢・奥行き58㌢)を出品。すでに現地企業3社から商談の申し入れがあるといい、宮川専務は「日本の仏教の商品が、日本に仏教を伝えた中国でどのように評価されるのか楽しみ。日本の『本物』を紹介したい」と話している。
 彦根仏壇事業協同組合によると、彦根仏壇は過去に一度、パリへ展示されたことがあるが、販路拡大を目的にした出品は初めてだという。

0 件のコメント: