2012年2月13日月曜日

滋賀2区・次期衆院選候補 上野賢一郎氏で最終調整 選考委「政策に差」

 次期衆院選の候補となる自民党滋賀県第2選挙区(彦根・長浜など)支部長の選考委員会がこのほど、彦根市内のホテルで開かれ、応募している元衆院議員・上野賢一郎氏(46)と、長浜選出の県議・川島隆二氏(40)が出席。選考委員からの質問に答える形だったが、出席した複数の党員によると、具体的な政策を述べた国政経験豊かな上野氏に軍配が上がったようだ。
 選考委員会は彦根、犬上、長浜、米原など2区内の県議や市議、党役員らで組織され、当日は財政再建や農業、TPP(環太平洋戦略的経済連携)、教育などの分野で両氏の政策を聞いた。
 選考委員会の県議や党員からは、「難しい問題についても、わかりやすく説明をしていた」「国政を経験していることから政策に大きな差がある」など、上野氏を推す意見が多勢を占めた。
 当初、川島氏を支持していた党員からも、上野氏に立場を変える声が出ていることからも、上野氏選出がほぼ確定したとみられる。17日に再度、選考委員が市内のホテルに集まり、正式に決定する。

0 件のコメント: