2012年2月18日土曜日

被災地・水戸市へ励ましのメッセージ記した幕 戦国丸で受付

 彦根市の親善都市で、東日本大震災で被災した茨城県水戸市に励ましの言葉を届けようと、彦根を映画で盛り上げる会はメッセージ入りの幕(縦90㌢×横120㌢)を送ることにし、花しょうぶ通り商店街の街の駅・戦国丸でメッセージの記入を受け付けている。
 震災では東北のほか、水戸市内でも日本三大庭園の一つ、偕楽(かいらく)園で地割れや地盤沈下、園内にある徳川斉昭の別邸・好文亭の壁がはがれ落ちるなどの被害が出、今月7日まで復旧工事が行われていた。
 来月3日に偕楽園と近くの常磐神社で「夜梅祭(よるうめまつり)」が行われることと、その日が桜田門外の変でもあることから、盛り上げる会では友好団体の「桜田門外ノ変・映画化支援の会」(水戸市)に幕を送ることにした。幕は常磐神社内に掲げられる予定。
 盛り上げる会の和田一繁さん(44)=河原3=は「復興に向けて取り組んでいる水戸市民の方々へ、是非応援メッセージをお願いしたい」と話している。メッセージの受付は今月24日ごろまで。午前11時~午後5時、木曜休み。問い合わせは戦國丸☎(27)5058。

0 件のコメント: