2012年5月27日日曜日

彦根御山絵図 彦根三根往古絵図など古絵図デジタル・アーカイブ化に、彦根市立図書館

 彦根市立図書館は、所蔵する戦国時代から大正時代までの彦根の古絵図などをデジタル保存するデジタル・アーカイブを行う。完成後は同図書館で管理するほか、複製を作って来館者が自由に閲覧できるようにもする。
 同図書館は、石田三成が入城する前の永禄年間(1558~70)の佐和山や彦根山を描いた様子と慶長5年(1600)の関ヶ原合戦による佐和山城落城直後の景観を表した「彦根御山(おんやま)絵図」の写し(江戸時代中期作)や、三成が佐和山城に入る前と落城後を合わせて井伊家家臣・花居清心が描いた「彦根三根(みつね)往古絵図」の写し(江戸時代後期作)、大正2年(1913)に発行された旧城下町の「彦根市街図」などを所蔵している。
 これら約160点の史料の劣化防止と永久保存を目的にデジタル保存することにし、図書館振興財団(東京都文京区)の助成事業に申請。このほど、その認可が下り、748万円の補助が決まった。6月議会に提案し可決後、今年度中にデジタル処理を行い、来館者が閲覧できるようにする。
 また将来的には、ネット回線を活用し、来館しなくても閲覧できるようなシステム作りも予定している。

0 件のコメント: