2013年2月27日水曜日

ねこカフェ 彦根の四番町にオープン

 猫と触れ合うことができる「ねこカフェ・にゃんこっこ」が、22日に彦根市の四番町スクエア内にオープンした。県内で「ねこカフェ」は1軒だけだという。
 店主は野良田町の山口大幸(たいこう)さん(49)。子どものころからずっと近くに猫がいる生活だったといい、自宅でも猫好きの妻・直子さん(42)と一緒に3匹の猫を飼っている。草津市にあった「ねこカフェ」に通っていたが、今月17日で閉店したため、同店からと知人から譲り受けた12匹で出店することにした。
 店舗は2階建てで延べ約55平方㍍。5カ月から7歳までの雄5匹と雌7匹が1階と2階に6匹ずつ分かれている。入場料はフリードリンク制で30分630円。猫の持ち込みや引き取りは不可。不定休。午前10時~午後8時。
 山口さんは「捨てられている猫が多く、人間と同じように動物の命も大切にしてほしい。猫好きの方のほか、そうでない人にも来ていただいて、猫好きになってもらえれば」と話している。問い合わせは同店☎(26)8366。

0 件のコメント: