2013年8月8日木曜日

彦根東高野球部 彦犬からは武田圭太・谷澤翼・田中良の3選手

 彦根東高野球部のレギュラーには彦犬地区から3年生の3選手が入っている。彦根東中学出身でキャッチャーの武田圭太選手(写真上)=原町、いずれも彦根中学出身でサードの谷澤翼選手(中)=高宮町=とレフトの田中良選手(下)=同=に抱負などを聞いた。  
 武田選手は佐和山小2年の時に野球を始め、その時からキャッチャーだった。エースの平尾拓也投手=3年生=は昨年夏の大会後からバッテリーを組む武田選手について「信頼している。打撃も良い場面で打ってくれる」と称賛。この言葉に対し武田選手は「ショートバウンドをしっかり止める事を心がけていることが信頼を得ているのかも」と答え、平尾投手に対しては「技巧派だから敵から見たら、嫌な投手だと思う。インコースのコントロールとスライダーが良くなれば、勝ち抜くことができる」と分析。甲子園では「強く正確に塁に送球できるようにしたい。打撃ではチームバッティングに徹したい」と話していた。
 同じ彦中出身で高宮小3年生以降の少年野球時代から一緒だという谷澤選手と田中選手は野球の外でも仲が良い。自慢できる所として、谷澤選手は「セーフティーバントと右打ち」、田中選手が「盗塁」と、共に小技と俊足が持ち味。互いの印象について谷澤選手は「田中選手は走塁がうまく、大胆な性格」、田中選手は「小技がすごくうまい。性格はおっとりしている」と真逆の性格のようにも思えるが、甲子園での戦い方は?の質問に谷澤・田中両選手とも「エンドランなどでランナーを送るなど、できることを確実にし、野手で平尾投手を楽にさせてやりたい」と、チームプレーに徹する姿勢を見せている。
 レギュラーの3選手のほかに、控え組には彦犬地区から2年生の川副智哉投手=甲良中=と、外野手で3年生の増田朱芳選手=稲枝中=が入っている。

0 件のコメント: