2013年8月2日金曜日

彦根東高出身の田原総一朗さん・細野豪志さんら祝福コメント

 夏の甲子園、初出場を決めた彦根東高校野球部。「文武両道」「自学自習」を校是に県内屈指の進学校として知られる東高の卒業生には、政財界で活躍する人もいる。滋賀彦根新聞は、東高出身の著名人や政治家、市内の関係者に野球部への祝福のコメントを依頼。以下で一部を紹介する。
 ジャーナリストで在校時は野球部に所属していた田原総一朗さん「本当に本当におめでとうと言いたい。こんなにうれしい事はなく、とにかくがんばってほしい。時間が合えば、甲子園にも行きたい」。
 民主党前幹事長で衆院議員の細野豪志さん「伝統のある東高も夏の甲子園出場は初めて。はつらつとした姿を全国の皆さんに見せてください」。
 民主党の滋賀選出参院議員・林久美子さん「私の高3の時は決勝で敗れた。今年の選手はよくがんばった。滋賀の誇り。体に気をつけて、いい試合をしてほしい」。
 昭和28年春の選抜大会にキャッチャーで出場した経験がある東高野球部後援会長の中村善一郎さん「よくがんばった。この勢いを甲子園でも発揮してほしい。市民の皆様のご支援もいただきたい」。
 同窓会組織・金亀会会長で彦根選出の県議・細江正人さん「(校舎が改修中のため)グラウンドが大変な中での優勝。かくなる上は大応援団を結成したい。選手たちには普段のような実力を発揮してもらいたい」。
 彦根選出の県議・中沢啓子さん「野球少年たちの目標になるよう、赤鬼魂で思いっきり頑張って、皆の記憶に残る試合をして下さい。是非、応援に行きたい」。
 彦根商工会議所会頭の北村昌造さん「近江高校との彦根対決を見たかったが、東高が優勝しうれしい限り。勝ち進んでもらいたい」。
大久保市長もコメント
 大久保貴市長は「私たち彦根市民にとても大きな喜びで、誇りでもあります。歴史と伝統に輝く彦根東の赤鬼魂で、優勝を目指してがんばってください」とのコメントを発表した。
市民から祝福・激励の言葉募集
 彦根東高野球部の甲子園出場に合わせて、滋賀彦根新聞は読者の皆様からお祝いのコメントを募集します。3040字ほどのコメントと、氏名、年齢、住所、連絡先を弊社まで、メール(shigahikone@nifty.com かファクスで送ってください。頂いた中から選考の上、8月7日(水)の紙面で予定している東高特集で紹介します。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

文武両道をやってしまうとどっちつかずになうリスクもあります。勉強にしても、スポーツにしてもその道を究めるには一つに絞るのがよかろうと思います。

今回の彦根東の甲子園出場はお見事。ぜひ、日本一の文武両道というものを見せてほしい。

また、彦根東の甲子園出場に負けず、全国高等学校選手権(インターハイ)つまり全国大会に出場して、東大、京大、医学部に進学している人がたくさんいますよ。

卓球では、荒木基亮さん、高藤江美子さん、高藤雅史さん、山本章さんなどが医学部に。

陸上では、長幡樹さんが医学部に、小山俊之さん、櫻井大介さんが京大に、渡邉拓也さん、早川晃司さんが東大に、また開成高校の向井頌之さんはインターハイ出場を決め、医学部を目指しているらしい。

水泳では、中渡瀬智さん、杉浦祐太郎さん,下河原達也さんが医学部に、足立やすしさん、佐藤豪さん、山田尚輝さん、中辻雄哉さんが京大に、富永航平さん、岡崎健斗さん、が東大また、シンクロでは日本代表にも選ばれた加島文葉さんが医学部に。オリンピックに出た長崎宏子さんも文武両道で有名でした。

剣道では、鳴本敬一郎さんが医学部に。

サッカーでは、木村剛さんが東大に。

ゴルフでは、辻田晴也さんが医学部に、北側裕次郎さんが京大に、高野隆さんが東大に。

バスケットボールでは、神﨑恒一さん、對馬誉大さんが医学部に。

他にもそういうかたはたくさんいます。

要は本人の努力次第なのでしょうかね。