2013年8月19日月曜日

彦根出身の声楽家・中嶋俊晴さんリサイタル、文化プラザで

 彦根市正法寺町出身でオーストリアのウィーン在住の声楽家・中嶋俊晴さん(27)が帰郷。25日午後2時~文化プラザで開く「カウンターテナーリサイタル」への抱負を語った。
 中嶋さんは旭森小、彦根東中卒。幼少期からピアノを学んでいたが、声楽に転向し、高校3年生の時に声楽家の高木充江さん(56)=彦根市上稲葉町=に師事し、2年間レッスンを受けた。京都市立芸術大学音楽学部、東京芸術大学大学院を経て、現在はウィーン国立音楽大学大学院に在籍し研さんを積んでいる。
 バッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとしても活動しており、今春にはニューヨークのフィルハーモニーの定期演奏会に出演するなど、国内外での公演に参加。これまでにシューベルト国際歌曲コンクール入賞、山梨国際古楽コンクール審査員奨励賞、仏声楽コンクール入選など数々の賞を受賞している。
 文化プラザでは、チェンバロの野澤知子さん、ピアノの斉藤雅昭さんと一緒に近世から現代の歌を披露。中嶋さんは「1600年代から2000年代までの時代の流れを声で感じてほしい」と話している。
 入場料は2000円、学生と会員1000円。未就学児は入場不可。申し込みは文プラチケットセンター☎(27)5200。

0 件のコメント: