2013年10月3日木曜日

とりいもと宿場まつり6回目 さんあかレンジャー披露へ

 彦根市の鳥居本地区で5日、恒例の宿場まつりが行われる。
 地元有志団体の鳥居本お宝発見隊がまちおこしの一環で行っており、6回目の今年は例年行っている柿渋染め体験、スイカ糖と七爽茶(ななそうちゃ)の試飲に加え、今回は重要文化財の「赤玉神教丸本舗有川家」の歴史と建物についての講演会や、鳥居本中生が考案した新キャラクター「さんあかレンジャー」を披露する。
 講演会は滋賀大学の青柳周一教授を講師に迎えて午後2時~専宗寺で開催。定員100人、参加無料。ほかに、鳥居本中生のよさこいソーラン演舞や、地元食材を使った当日限りのレストランの開店、絵画・写真の展示、スタンプラリー、手作り市なども。開催時間は午前10時~午後4時。

0 件のコメント: