2013年10月15日火曜日

映画・結い魂の上映会 ひこね燦ぱれすで

 高齢者たちの人生をまとめたドキュメンタリー映画「結い魂(ゆいごん)」の上映会が、26日午後1時半~ひこね燦ぱれすで開かれる。
 近江八幡市内の団体・ひょうたんからKOMAの公募で集まった同市の市民13人によるスタッフが、いずれも映画監督の原一男さんの企画・監修、長岡野亜さん(40)の監督の元で3年半かけて平成23年末に完成させた。
 作品では、八幡堀を毎日清掃している男性や、駅前の料理教室に通うおやじたち、終戦を迎えた満州で出産した長女をソ連軍の侵攻による悲惨な生活で亡くした女性ら計6人の高齢者の人生を15分~30分ずつで紹介している。
 試写用の映像を見た奥田好香さん(61)=平田町=が「地域のお年寄りの思いや願いを次世代に届けよう」と彦根での上映会を企画。上映後には長岡監督と市民代表とのパネルディスカッションも予定。入場料は大人800円(当日1000円)、学生500円、中学以下無料。問い合わせは奥田さん☎090(7887)4637。

0 件のコメント: