2016年4月19日火曜日

魚介類の丼を提供する店「市場の食堂」が彦根地方卸売市場にオープン

 海鮮丼など魚介類の丼を提供する店「市場の食堂」が14日、彦根地方卸売市場(安食中町)1階にオープンした。
 株式会社の彦根魚市合同が主体となって、「魚離れを食い止めたい」という狙いと、同市場に入る店舗数が開場時の平成4年の22店から6店まで減少していることから、市場の活性化を図る目的で食堂を開店することにした。
 海鮮丼のほか、まぐろ丼、うなぎ丼、いかソーメン丼、サーモンいくら丼、カニちらし丼を690円~890円で提供。いなり寿司3個で100円もある。また仕入れの状況では、まぐろ中落ち丼、日替わり丼も用意する。
 約90平方㍍の店舗内にはテーブル34席、カウンター2席がある。同店では「市場ならではの新鮮でおいしい魚介をご堪能ください」としている。営業時間は午前11時~午後2時。水曜定休。駐車は40台分。問い合わせは同店☎(25)3600。

0 件のコメント: