2016年4月25日月曜日

夢京橋キャッスルロードのキャラクター「キャッスるん」に

 彦根市の夢京橋キャッスルロードのキャラクターが「キャッスるん」に決定。デザインを考えた彦根市立城西小学校の4年生の前で19日、発表された。
 児童68人が3年生の時の総合的な学習の時間でキャッスルロードの活性化策を研究し、「ゆるキャラプロジェクト」を進めた。児童一人1作品ずつデザインと名称を考え、児童の代表13人による実行委員会がデザインを合体させたゆるキャラを作り、名称を「キャッスるん」と「キャペろん」の2案に絞った。
 報告を受けた彦根夢京橋商店街振興組合は3月25日から4月10日まで夢京橋あかり館で投票を受付。その結果、キャッスるん788票、キャペろん577票となった。
 集合した児童の前で谷口典隆理事長が投票結果を発表すると、児童からは「みんなで工夫して考えたキャラの名前が決まってうれしい」「キャペろん派だったけれど、キャッスるんに決定して良かった」との声があがり、集合写真の時間ではみんなで万歳をしていた。
 谷口理事長は今後作成する商店街マップやフラッグ(旗)にキャッスるんを採用する考えを示し「今後は着ぐるみも検討したい。ひこにゃんみたいにかわいがってもらえるキャラになるよう、がんばっていきたい」と話していた。

0 件のコメント: