2016年6月20日月曜日

映画「マザーレイク」初日舞台あいさつビバシティシネマで、大津出身の女優・高橋メアリージュンさんら出席

 琵琶湖を舞台にした映画「マザーレイク」の初日舞台あいさつが11日にビバシティシネマであり、出演する大津出身の女優・高橋メアリージュンさんらが出席した。
 映画は小学5年生の少年が同級生らと沖島を訪れた際、恐竜らしき生き物を見つけ、「ビワッシー」と名付けて、その謎を探る物語。鶴田真由さん、別所哲也さん、内田朝陽さんらが出演する。監督は瀬木直貴さん。滋賀などでこの日から先行上映され、夏以降に全国放映される予定。
 舞台あいさつには高橋さん、瀬木監督、BOSS戸田さん、田中咲彩さんが登壇。高橋さんは「撮影現場はジブリの世界にいるようだった。この映画を通して、琵琶湖は生きているのだと改めて思った。滋賀県は人が温かく、誇りに感じています」と笑顔で語っていた。

0 件のコメント: