2016年8月8日月曜日

全国高校野球選手権大会に出場する近江高校野球部の応援団が合同練習

 7日に開幕する全国高校野球選手権大会に出場する近江高校野球部の応援団は4日、体育館で合同練習を行った(2、3面で特集)
 翌日の全校生徒ら約500人が参加しての応援練習に合わせて、野球部員72人、吹奏楽部20人、チアリーダーのダンス部15人が参加。応援ソングのアルプス一万尺(通称・近江マーチ)、アフリカンシンフォニー、パラダイス銀河、カチューシャなどを、吹奏楽部の演奏に合わせてかけ声やダンスの練習をしていた。
 応援団長で野球部3年生の津坂竜矢選手(17)=大阪府堺市=は「滋賀大会ではグラウンドの選手と応援席が一つになって、それが優勝につながった。甲子園ではもっと良い応援ができるよう練習したい」と話していた。
 組み合わせ抽選会が4日、大阪市内で開かれ、滋賀代表の近江高校は大会3日目(9日)の第4試合で、茨城県代表の常総学院高校と戦う。常総学院高は2本柱の投手を中心にした堅実なチームだ。

0 件のコメント: