2016年8月8日月曜日

近江高校野球部のベンチ入りメンバー、彦犬地区の大藪町の伊東優作選手と多賀町大滝の深田樹暉投手にインタビュー

 近江高校野球部のベンチ入りメンバーには彦犬地区から彦根市大藪町の伊東優作選手(17)=中央中出身=と、多賀町大滝の深田樹暉投手(18)が入っている。2人は小学生時代に香川県高松市の児童たちの親善試合でバッテリーを組んでおり、本紙は当時の思い出を含めてインタビューを行った。
「選抜の成績超え優勝狙う」
甲子園の目標は?対戦したい選手は?
 伊東選手は金城小の時はキャッチャーで、中央中時代には東近江リトルシニアに所属し外野手だった。50㍍5秒8の俊足で、昨年春のセンバツにも出場した。
 昨春以来の甲子園出場について、伊東選手は「前回は不安な気持ちがあったけれど、今回はとにかく楽しんでプレーしたい」と笑顔で話していた。
 滋賀大会では3つの盗塁を成功させたが、「甲子園でも塁に出れば、盗塁を狙いたい」と語り、対戦したい選手に千葉県の木更津総合高校の左腕・早川隆久投手をあげ「速い球を投げるので、ヒットで塁に出て、盗塁も決めたい」と述べていた。
 目標については「センバツではベスト16だったが、それを超えられるよう一つでも多く勝利し、優勝したい」「彦根市民の皆さまには僕たちの全力プレーの姿を見て欲しい」と抱負を語っていた。
 深田投手は多賀中学校時代にはHIKONEJBoy,s(現・滋賀ユナイテッドJBoy,s)に所属。近江高ではエースの京山将弥投手と並ぶ2枚看板の一角だ。最速140㌔の速球に、ツーシーム、フォーク、スライダー、カーブ、カットボールと変化球を織り交ぜて打たせてとるスタイル。
 甲子園での目標については「得意のツーシームとフォークで打たせるピッチングをして完封したい」と話し、対戦したいバッターには智弁学園の大橋駿平選手をあげ「追い込んだらフォークで三振にとりたい」と意気込んでいた。
深田「外野に飛んだら安心」
伊東「コントロール抜群の投手」
 2人は小学生時代、姉妹城都市の彦根と高松が野球を通じて交流する親善少年野球交歓大会に出場。伊東選手がキャッチャーで、深田投手の球を受けていた。
 当時の印象について、伊東選手は「あのころからコントロールが良いピッチャーで、僕の構えた所に球が来ていた。今はそのコントロールに更に磨きがかかった感じだ」と褒めていた。
 一方で深田投手は「伊東選手は当時からバッティングのセンスが抜群だった」と称えた上で「僕は打たせてとるピッチングだから、外野に球が飛んだ時はどんな打球でも捕ってくれるし、安心している」と述べ、2人は「ちょっと照れくさいな」と笑顔を見せていた。

0 件のコメント: