2016年9月9日金曜日

読書アドバイザー・藤井スミ苑さん板絵などの作品展「絵本から広がる世界」ウィズで

 彦根市大藪町の読書アドバイザー・藤井スミ苑さん(69)の板絵などの作品展「絵本から広がる世界」が、23日まで市男女共同参画センター・ウィズで開かれている。15日午前10時~はギャラリートークがある。
 藤井さんは昭和57年に絵本の読み聞かせの面白さにひかれ、翌年からボランティアグループに所属。同61年には西地区公民館で木彫りを習い始め、その後、ベニヤ板を彫って絵を創作する「板絵」を始めた。これまでに彦根市展で特選や市長賞、無鑑査奨励賞を受賞している。また平成22年には出版文化産業復興財団(JPIC)が国民の読書活動推進のために開講した養成講座を修了し読書アドバイザーの資格を取得した。
 藤井さんは板絵の創作のほか、絵本を読んだ後にスケッチ画と内容、感想を大学ノートにまとめており、これまでに絵本約1450冊分を大学ノート13冊に収めている。
 作品展では芹川のけやきの木で葉の妖精が遊んでいる「わらべ歌」や市展の受賞作などの板絵21点、絵本の感想スケッチをまとめた大学ノートのカラーコピー31点、感想スケッチ本7冊のほか、藤井さんが手作りで作った絵本8冊を展示している。
 サブタイトルには「いつしか あなたも アーティスト」を付けているが、藤井さんは「このタイトルは長年、私の活動を見てきた娘がつけてくれました。最初は思ってもみませんでしたが、コツコツと地道に続けて、現在に至りました。皆さんにも楽しんで頂けたら幸いです」と話していた。開館は午前9時~午後9時(月水は午後6時)。休館は火日祝。
 乳幼児と保護者を対象にした「おやこ広場」が10日午前10時から彦根市男女共同参画センター・ウィズの軽運動室会議室で開催される。読書アドバイザーの藤井スミ苑さんによるエプロンシアターや紙芝居、わらべ歌など。参加無料。当日自由参加。問い合わせはウィズ☎(24)3529。

0 件のコメント: