2016年9月16日金曜日

マリアージュ彦根、テラス付きの披露宴会場に樹木を備えるなど自然派志向の空間に改装

 彦根市里根町の結婚式場「マリアージュ彦根」はテラス付きの披露宴会場の一つを、本物の樹木を備えるなど自然派志向の空間に改装。見学を随時受け付けている。
 グラマラス(魅力的)とキャンプを組み合わせた「グランピング」のデザインに着目。緑化の専門業者「東邦レオ」(東京都豊島区)に施工を依頼し、3つの式場の内、70人が収容できる170平方㍍の中宴会場を改装した。
 新郎新婦が座るメインテーブルの背後に藤ヅルの幹を天井に向かって配置し、壁面にはカポックなど3種類の植物が植えられている。参列者席の天井には藤ヅルの幹や植物が顔を出しているほか、植物からの「恵みの露」をイメージしたペンダントライトや木製のシャンデリアが設置。各テーブルにはさまざまな形の小瓶に野花をあしらう工夫もされている。
 隣接するテラスにはアウトドアやキャンプをイメージしたランタンやターフ(芝生)、ソファ、流木アートなどが整備されており、新郎新婦や参列者がくつろげる空間になっている。
 支配人の宮本良孝さん(53)は「ナチュラルな雰囲気で、自然と会話が弾む空間を演出しました。自然に癒やされながら、ゆったりと過ごしてほしいと思います」と話していた。披露宴のほか、同窓会やパーティー、忘年会、新年会でも利用できる。
 マリアージュ彦根は昭和59年創業で、これまでに約1万1000組が披露宴を挙げている。木曜定休。問い合わせは同店☎(26)1101。

0 件のコメント: