2016年11月25日金曜日

彦根城築城410年祭をPRするため、ごみ回収車にラッピング加工

 彦根市は来年開催される国宝・彦根城築城410年祭をPRするため、ごみ回収車にラッピング加工を行い、14日に野瀬町の市清掃センターで出発式を開いた。
 築城410年祭は来年3月18日から12月10日まで開催。市民にPRして「オール彦根」で盛り上げていこうと、ごみ回収車の両面に縦65㌢×横1・5㍍の大きさで築城410年祭のロゴをカラーでラッピングした。
 まずは7台にラッピングし、新車両と入れ替わる2台にも年内に加工。計9台を築城410年祭の終了まで市内で走らせる。
 出発式には築城410年祭や市清掃センターの職員ら約30人が出席。川嶋恒紹副市長は「組織をあげて410年祭を盛り上げていきたい。市民の皆さんにアピールできると期待している」とあいさつ。ラッピングされた回収車はテープカットの後、市内へ出動して行った。

0 件のコメント: