2018年10月20日土曜日

ご当地キャラ博2018が彦根市内で開幕


 「ご当地キャラ博2018」が20日、彦根市内で開幕した。21日まで全国各地から計160体が参加する予定。
 メイン会場の京橋口駐車場で行われた20日朝の開幕式では大久保貴市長が「2日間、一緒に楽しみましょう」とあいさつし、実行委員会実施副本部長の和田一繁さんの宣言で開幕。ひこにゃんやくまモンらキャラたちがステージに上がり、記念撮影に応じていた。
 京橋口駐車場以外の会場は夢京橋キャッスルロード、四番町スクエアで、京橋口駐車場と四番町スクエアにはステージが設けられ、キャラたちが順番に登壇し、自己紹介をする。午前11時半~ひこにゃんが曳き山に乗って巡行する時間もある。
 今年は来場客の回遊性を高めるため、キャラたちのカードが無料でゲットできる「名刺コレクションラリー」を初めて開催。約130体のキャラが各ブースなどで配布し、ひこにゃんは天守前と会場内で2種類のカードを配る。市内7カ所の商店街、観光協会、お城大使、いいのすけ、パーク&バスライド、赤い羽根共同募金、ゴミらレンジャーなどのカードもある。商店街と観光協会のカードは計8種類あり、すべてを集めると一つの絵柄になる。
 カードが収納できるカードホルダー2種類を1500円で、市内の宗安寺前の本部と京橋交差点付近の案内所で販売している。参加するキャラを写真入りで載せたガイドブックも市内各所で売っている。開催時間は午前9時~午後3時。

0 件のコメント: