2009年10月23日金曜日

滋賀レイクスターズの選手が高宮小学校でバスケ教室

 今月31日と11月1日に彦根での初試合を控えているプロバスケットボール・bjリーグに加盟する「滋賀レイクスターズ」の選手が21日、市立高宮小学校を訪問。児童にパスやシュートなどの仕方を教えた。
 同チームは、昨年10月の発足以来、チームのPRとバスケットの普及を目的に県内の学校へ訪問している。今年7月には彦根で初めて佐和山小で教室を開いた。
 今年10校目の高宮小には、米国出身のゲイリー・ハミルトン選手と佐藤浩喜選手、コーチの石橋貴俊さんが来校。5、6年生120人が教室に参加した。質疑応答のコーナーでは児童から「どうしたらそんなに背が高くなるのですか」「足のサイズはいくつですか」などの質問が飛んだ。その後は、パスやボールの奪い合い、ドリブル、シュートなどの練習が行われた。
 練習の合い間には児童たちが選手にサインを求める場面もあり、各選手の前には長い列が出来ていた。

彦根での初試合近づく
  彦根での初試合が、いよいよ来週に迫った。試合は31日午後5時~と11月1日午後2時~、彦根市民体育センターで開かれる。
 対戦相手は高松ファイブアローズ。前売り券は指定席のSV席6000円・S席とSアウェイ席3300円、1階自由席高校生以上2500円・小中学生2000円。車いすの介助者と乳幼児のひざ上観戦は無料。当日は500円アップ。販売場所は平和堂やコンビニ、同チームのホームページ、℡0120(976)509(火~金曜午前10時~午後6時)で。

0 件のコメント: