2011年5月9日月曜日

150種類以上の楽器で合奏 楽器・奏者募集 寺村邦子さんギネス挑戦8回目 「まけへんでぇ日本」テーマに

 来月26日にひこね燦ぱれすで、150種類以上の楽器の合奏によるギネス挑戦が行われる。主催者でピアノ教室講師の寺村邦子さん(55)=彦根市尾末町=は東日本大震災の復興を願い、「まけへんでぇ日本」をテーマに設定。当日は参加者が巻けない(負けない)鉢巻きを付けるほか、「希望」「元気」「笑顔」を被災地へ届けるため、花の種とメッセージ、絵、演奏の様子の写真を被災地へ送る予定だ。
 当日は午前9時~練習があり、同11時半~の本番では「イッツ・ア・スモールワールド」を5分以上演奏する。来月19日午前中に練習日を設けている。
 滋賀彦根新聞は、寺村さんの8回目(彦根では6回目)となる今回のギネス挑戦を1月19日付で報じた。これまでに約100種類の楽器が集まったが、目標の150までは届いていない。ハーモニカやマンドリンのほか、弦楽器が少ないという。楽器のほか、演奏者も現時点で100人未満で、随時募集している。初心者も歓迎。
 被災地へ届ける花の種やメッセージなども募っており、種は放射能で汚染された土の浄化もできるというナタネやヒマワリを特に募集している。当日は会場に募金箱も設置。花などは被災した東北地方の小学校に送る予定。
 寺村さんは「音楽と花、メッセージで、希望や元気を少しでも届けることができれば」と話し、協力者を求めている。申し込みはメール(gakki/ginesu@gmail.com)か、寺村さん℡090(5152)3918。

0 件のコメント: