2013年4月5日金曜日

小説・偉大なる、しゅららぼん 映画ロケ開始へ、彦根城博物館で会見

 万城目学さんの小説「偉大なる、しゅららぼん」の映画化にともない、主演の濱田岳さんと岡田将生さん、水落豊監督が4日、彦根城博物館で会見を行った。
 主演2人は劇中衣装の赤い学生服姿で登場し、濱田さんは「万城目さんの世界観を壊すことなく、おもしろい作品にしたい」、岡田さんは「琵琶湖に本当にありそうと思えるくらいの作品になるよう、がんばりたい」と映画への思いを語った。
 会見には、嘉田知事、獅山市長、藤井勇治長浜市長、ひこにゃんも出席した。
 作品は高校生が特殊な能力を持つ「湖の民」の因縁の争いに巻き込まれる物語で、彦根城などが舞台になっている。映画はロケがすべて滋賀県内で行われる予定で、彦根城や八幡堀などが候補に上がっている。来年春公開。

0 件のコメント: