2015年11月20日金曜日

昔の職人作った価値ある仏壇の情報募集、永楽屋が法人設立50周年で

 彦根市芹中町の永楽屋は「近江仏壇百選」と題して、昔の職人が作った仏壇を募集している。
 来年4月11月の同社の法人設立50周年に合わせて、価値ある仏壇が処分されることへの懸念と、昔の職人の技を改めて学びたいとの思いから企画。「先代や住職が良い仏壇と言っていた」「近所にすばらしい仏壇がある」などの情報を募り、同社職員が訪問して無料で診断する。
 価値があると判断すれば、写真撮影などを行い、冊子などの形で記録として残していく予定。同社では「価値がある仏壇を判断するのは難しいと思うので、気軽に連絡してください」としている。問い合わせは同社☎0120(23)1466。
 なお同社は彦根工場(甲良町)で9日まで彦根仏壇の製造工程が見学できる宝華展を開いている。

0 件のコメント: