2015年11月10日火曜日

井伊直弼懐石研究会の中尾英力さん 茶席での懐石料理を再現 埋木舎で

 井伊直弼が茶席で接待する際に提供していた懐石料理を再現したイベントがこのほど、埋木舎で開かれ、全国の茶道愛好家たちが作法を学んだ。
 富山県富山市で茶料理の仕出しをしている懐石「万惣」の中尾英力(ひでさと)さん(43)が直弼の人物像にひかれ、直弼が提供していた懐石料理を研究。昨年春には全国の茶道愛好家約30人と井伊直弼懐石研究会を設立し、各地で再現イベントを開いている。
 彦根では初めて先月28、29日に「井伊直弼の心を味わう会」と題して埋木舎で開催し、2日間で県外の茶道愛好家計31人が参加。中尾さんは、直弼が茶の接待時に曹洞宗の食事作法を取り入れた「真式懐石」について説明した後、実際に懐石料理を出し、懐石、点心、抹茶の順番で頂き方など作法を教えていた。
 直弼について、中尾さんは「安政の大獄などでのイメージとはまったくの真逆で、直弼の食事作法は食材の命が尊く、等しいことを教えており、世界平和を願っていることがよくわかる」と話していた。

0 件のコメント: