2013年3月7日木曜日

原八幡神社で祈年祭 還暦の住民かみしも姿で参列

 松尾芭蕉の昼寝塚や森川許六の句碑などで知られる原八幡神社(彦根市原町)は3日、祈年祭を営み、地元住民ら約80人が参列した。
 祈年祭は同神社で営む祭りのうち、地元の山神に祈る最初の祭り。地元住民の還暦祝いと厄除けも兼ねており、今年は還暦を迎えた5人(うち女性2人)が参列した。
 祈年祭を前に氏子らは原東山に登り、山神に酒などを奉納した後、下山。神社での祭典では還暦の5人がかみしも姿となって、氏子らと共に昇殿し、玉串奉てんなどを行って祈願した。
 祭り後には「もちまき」も行われ、還暦の5人や氏子総代の原多喜彌さん(73)らがもちのほか、奉納品の菓子やパンなどを、参列した地元の住民に振る舞っていた。

0 件のコメント: