2013年3月1日金曜日

平成25年度予算の主な事業

 ◆世界遺産登録推進(284)=市民向けの啓発グッズ、パンフレットの作成、講演会などを実施
 ◆マンガ「彦根の歴史」日本語版作成(64)=古墳時代から現代の彦根を紹介したマンガを3000冊作る
 ◆滋賀大学弓道場公有地化(1億2009)=特別史跡彦根城跡の保存用地の適切管理のため購入
 ◆彦根城の維持管理(2億8687)=世界遺産登録に向け、国内外に彦根城をアピールするため専門的な報告書を作る。天守のライト交換や大手門の電気設備の改修なども
 ◆図録「直弼発見!直弼のこころ」(仮称)を2000冊作成(105)=井伊直弼の人物・業績全体をまとめて紹介する
 ◆子ども医療費助成を中学生まで拡大(1268)=今年10月の診療分から、入院費を無料にする市民の範囲を中学校修了前まで広げる
 ◆ひこにゃんのフランス派遣など(380)=パリで7月に開催されるジャパンエキスポにひこにゃんを派遣して彦根城と市の知名度をアップさせる
 ◆ひこにゃん彦根城で毎日登場など(3452)=繁忙期(4月・11月)を除いて月水金は登場しなかったが、誘客のために毎日登場させる
 ◆ロケ地のマップ作り(25)=映画やドラマのロケ地として使われた場所を紹介するマップを作る
 ◆国際理解教育(3796)=外国人と英語でコミュニケーションをとらせるために小学校に英語教育指導員を派遣する
 ◆小学校の下学年に支援員(1081)=1~3年生の多人数学級に支援員を配置し、基礎学力の定着と問題行動の防止を図る
 ◆奨学金給付事業基金積立金(1546)=3月31日に解散予定の村岸育英会からの寄付金が原資。経済的な理由で高校進学が困難な成績優秀の生徒に奨学金を給付するため基金へ積み立て
 ◆湖東定住自立圏学校給食センター整備(3307)=中学校給食に向けて、学校給食センターと各中学校の受け入れ施設を整備するための設計の委託
 ◆コンビニ交付(3318)=住基カードを利用してコンビニで住民の写しや印鑑登録書など各種証明書を取得することができるサービスを7月から開始する    ※(単位はいずれも万円)

0 件のコメント: